3DマイホームデザイナーPRO6発売!


メガソフト3DマイホームデザイナーPRO6
 ついに、というかようやく、3DマイホームデザイナーPROのバージョン6が発表になりました。3Dマイホームデザイナーは建築関係の方だけでなく一般のユーザーも多い建築パース作成ソフトですが、PROバージョンは建築士・工務店の方々も多数使っている高機能バージョンです。久々のバージョンアップということで注目しています。
 うれしいのが、高低差のある地形が作成可能になったこと。私は仕事上擁壁や半地下の建物を多くやるので、非常に重宝しそうです。壁透明化機能は、3D表示しながら住宅内部を詳細に確認できるように手前の壁を非表示に出来る機能です。プレゼンの幅が広がりそうです。
 他にも斜線制限の検討、日影図(等時間日影図・時刻日影図)の作成、三斜測量図を元にした土地入力、DXF出力(3Dも)、など久々のバージョンアップならではの機能アップです。通常版でのバージョンアップ内容も織り込まれ、簡易構造診断、インテリア診断、なども盛り込まれました。
 私もリフォームパースなどはPRO版でないもので十分書いています。ただ印刷などを考えると通常版では役不足。印刷がきれいなPRO版に乗り換えようか?と本当に思っています。