テレビ購入!

 地デジへの変更時期が近づいたので再びテレビを物色。最近値上げ傾向なので心配になりました。もちろんカタログ比較から雑誌レビューなどを参考にしましたが、音質や画質では私にとってはどれも十分満足であり、あとは価格と付加機能ということになりました。
 部屋が狭いとはいえ、液晶テレビは薄いのである程度の大きさがほしかったので、32インチと26インチで悩みました。ただ26インチはコストパフォーマンスが悪いので32インチにしました。機能面では本体のみの録画機能がどうしても欲しかったので東芝REGZAが候補の最有力となりました。たまたま旧機種が安くなっていたので購入しました。


電子番組表「レグザ番組表・ファイン」とフルHD液晶パネルを搭載し、ハードディスクを内蔵した「H3000シリーズ」東芝レグザ32H3000

 この機種は、ハードディスク内蔵ながら安価なのが特徴でした。テレビのリモコンで簡単に録画ができるのが強みです。録画したものを他のテレビで見る事はできないので、ブルーレイレコーダーなどを同時に買う人には購入のメリットはあまりないかもしれません。私の場合、ニュースチェックや連ドラ、バラエティの録画がメインであり、見終わったら消すのでこれで十分です(残す必要があるものはDVDレコーダーで録画します)。
 私にとって初めての地デジテレビですが、その鮮明な画像は自分にとっては十分です。過去のレコーダーで録画したものを再生すると非常に粗雑な画像に見えます。それだけ解像度が高いのでしょう。フルハイビジョンの必要性は今のところ感じません。録画用の番組表も高精細で見やすいです。もっとも字が小さいから近寄らないと見づらいと感じる事もあります。
 録画セットもやりやすいです。やはりリモコンがテレビとHDDが一緒というのは楽です。
 セットアップは思ったより面倒。買ってきてすぐにみれるわけではないです。他のテレビも同様でしょう。
 私にとってショックだったのはオンタイマーがないこと。私は目覚まし代わりにテレビを自動でONするようにしていました。このテレビにはオフタイマーはあるのですが、オンタイマーはありません。これはかなりショックです。
 他に気になったのは地デジはアナログとチャンネルが異なる事。これはテレビのせいではありませんが、戸惑います。