新築現地見学会

 木造3階建ての新規売り出しのチラシを見ていたら、どうしても構造的に「無理!」な建物があり気になったので、ちょっとみてきました。
 この手の建物は昔はよくあったのですが、現在建っているのは改正建築基準法後。不動産屋のチラシが間違っているパターンのほうが多いのが現状。近所だったし知っている業者様だったので遠慮なく許可もらって行ってきました。
 さて、チラシでは3階床が非常に多く抜けていて吹き抜けになっていました。これではせっかくの耐力壁に力を伝達できません。同僚と「この図面が間違っているだろう」「ここに梁が入っているだろう」などと予想しながら、現場に向かいました。
 木造3階建ての構造計算はよく担当するのですが、実際にみると小さく狭い。そして高い。3階の窓からみる風景は2階建てとは別格。高所恐怖症の私は絶対住みたくないです。
 さて、肝心の吹き抜け。やはり「吹き抜けもどき」でした。今時そんな怖いことをしませんよねえ。担当者も「もう少しなんとかなれば面白いんだろうけど・・・」とこのアイデアに疑問符。あと平面図が間違えていた。困ったものだ。大量にチラシ刷るんだからきちんと確認しないと。そんなことを考えながら外にでる。今日は上着を着ていなくても暑い。20度くらいになるのではないだろうか??少し汗ばむ。もう春本番です。