もうすぐ100000カウント(なまあず日記)

 ふとみれば、なまあず日記のカウンターも10万まであとわずかです。開始したのは2004年。まだ20代だったのですね。なまあず日記を始めた頃というと耐震診断に明け暮れていた頃で、耐震がらみの記事も多かったです。まだ京都造形の学生だったし、府中部会を立ち上げる前でした。今思うと本当に昔のこと。当時の日記を見返してみても休みもきちんととれ、平和だったんだなと感じます。それなりに楽しい日常を送っていたみたいですね。こんなとき日記をつけておけばよかったなと思います。3日坊主の私は日記は残っていません。過去の記憶も残っていない時期も多く、どんな生活をしていたのだろうと思い出したいときもあります。そんな私もブログは結構続いていますね。コメントも含めて私の財産。今後もできる限り続けていきたいと感じています。
 それにしても長く生きすぎたものだな。20歳のころは30歳まで生きられるなんて思ってもいませんでしたからね。20万カウントの頃にはどうなっているかな?また振り返ってみたいと思います。