建築基準法、技術的問題見直し、省令や施行令改正へ

 今日のニュースで、改正建築基準法によって確認申請・審査に大幅な遅れが生じているので、今月中に委員会を立ち上げ、省令や施行令などの改正で技術基準を定めることになったそうだ(NIKKEI NETより)。結局懲りていないらしい。制度をどんどん煮詰めれば良くなると思っているらしいが、現在のところ全国一律の対応など無理!なぜなら地域や行政ごとにルールが異なるからです。また設計方法も同じたてものでも一つではないのだから大変です。ある意味今回の改正で、全国統一基準を作って強制する、という狙いがあったはずなのだが、完全にあてが外れている。かえって役所ごとのルールの違いが際立ち、設計者の手間が増えている。
 私は別に好きでこの仕事についたわけではないが、今となっては必要とされるので業界に残っています。他の業界だって似たようなことは起きているわけで建築だけが特殊というわけではありません。ただ、最近はやらなければならないことが多すぎて正直途方に暮れています。2ヶ月休みがなかったことは今までもありましたが、今ほど疲れているときはありません。なんだか遠くにいってしまいたいなあ・・・。