8月23日のなまあず通信(新潟県中越沖地震取材特集号)

 8月23日のなまあず通信は、先週視察した新潟県中越沖地震について特集いたします。炎天下の元、非常にタフな視察になりましたが、非常に有意義な視察になりました。マスコミが伝えないこと、なまあず通信第一号で取材した宮城県北部地震との比較などを報告したいと思います。この地震の風景は私にとって非常に衝撃を与えるものでした。被害状況で衝撃を受けるのではなく、残っている住宅で衝撃を受けたのです。これは技術者の考え方を根本から覆すことなのかもしれません。この敵を討つことはできないけど、周囲の建物の設計、補強に活かしていかなければ、と強く感じます。
 そう感じるのですが、この週末は体調不良(寒かった!)でつらいつらい・・・。もう夏じゃなくなるのかな?なんか夏も終わった気分(涙)。でもあと少し、少しでいいから夏でいて欲しいと感じます。まだまだ終わるわけにはいきません。この夏の最後の勝負が始まるのですから・・・。