構造計算概要書ソフト届く

 現在、構造設計者の悩みは、新設された構造計算概要書をどうやって書くか?が大きな問題になっています。まあ、それ以前に業務を止めている構造屋サンも多いかと。
 おそらく業界初となる構造計算概要書ソフトが東京デンコーより発売され、当事務所にも届きました。東京デンコーの鉄骨造・鉄筋コンクリート造の一貫構造計算ソフト「ACE許容2」の専用ソフトです。ACE許容2も非常に早く改正法に対応し、非常に安定して動いている数少ないソフトです。あまり有名なソフトではありませんが、機能も高く非常に満足しています。
 さて、肝心の構造計算概要書ソフトは、なかなか良さそうです。計算書の主要部分を転送してくれますし、使い勝手もデンコーっぽくなく一般的で好印象です。参照ページもきちんと入ります!今試していますが、エクセルなどで作るより遥かに短時間で作れそうです。今のところ図面は転送できないようなので、図面関連は貼り付けたりするために、スペースを空けるコマンドが用意されています。まだすべて自動化できるわけではありませんが、今後に期待です。
 もっとも現在、確認申請が出せるか?というと疑問なのですが、ソフトメーカーも頑張ってくれているのだから、こちらも頑張らねば・・・。