公的年金はやっぱりすごい!?

 今回の公的年金の問題で「年金ってやっぱり当てにならない!」とお思いの方増えたと思います。しかし逆の見方をすれば、「ここまでいい加減でも」政府は年金を保証する動きをするというのだ。民間だったらありえない。やはり公的年金は払っておいたほうが良さそうだ。
 そんなうがった見方をしなければ、やっていけないほどばかげた話である。社会保険庁は本当にいい加減な役所だったみたいですな。でも市役所や区役所でも、平気でこちらの預けた書類は無くすし、謝ることも出来ない役人が多いのも事実。やはり役所は一般感覚からずれているのか?
 現在、ある区役所で確認申請を出しているのだが、ここも世間の事情がわかっていない。こちらは確認が一日降りるのが遅くなるだけで大変なことになるのに、それがわかっていない。別に忙しくて、というのならわかるが、忘れていたなんてよく言えるな!また、SS試験のデータを持って来いというのはいいのだが、それは原本でなければだめ、しかも正副とも!無茶や・・・。そんな意味の無いことばかり要求して審査はろくでもない。しかも責任は持たない・・・。信じられませんな。民間の確認機関のほうがよっぽど責任感と社会常識を持っている。役人も大変だと思うが、世間の空気をもう少し察したほうが良いと思う今日この頃です。

公的年金はやっぱりすごい!?」への0件のフィードバック

  1. ないとう

    SECRET: 0
    PASS:
    こんな便利なソフトがあるんですね。
    私もやらないと・・・・

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    ないとうさん こんにちは。
    >私もやらないと・・・・
     頑張ってください!