改正建築基準法等施工時の移行措置

 6月20日の建築基準法等改正で、困るのは改正の適応時期。工事中の物件の適応は?など経過措置についてあいまいなままでした。4月23日になってようやく発表になったようです(以下、KENPLATZ参照)。

1)6月19日以前に着工するもの
 当然、現在の建築基準法がそのまま適応されるそうです。
 従来、6月20日以降に着工している建物を計画変更する場合、新たな基準に適合しなければならないといわれていたが、それは不要となります(わーい!)。適合性判定も不要です。ただし、中間検査に関しては新法適用で必要になります。従来の中間検査適用地域では変わらない可能性もあります(東京都などは従来通り?でしょう)。

2)6月19日以前に確認済証の交付を受け、6月20日以降に着工するもの
 当たり前の如く、新基準に適合する必要があります。ただし適合性判定や改正法の中間検査は不要となります。ただ、かなり早く確認が下りている場合など、新基準に満たないで、着工すると違反建築物になってしまうことから、計画変更の確認申請手続きが必要になる可能性ががあります。計画変更した場合、改正後の手続きが適用されるため、新基準適合だけでなく適合性判定や中間検査を受ける必要があります。

3)6月19日以前に確認申請をして6月20日以降に確認済証の交付を受ける場合
 法施行後に着工になるため、新基準を前提として構造審査が行われる。ただし適合性判定と、中間検査は不要。

 ということで、旧法適用のためには、最低でも6月19日より前に、確認済証の交付を受け、6月19日までに着工する必要があります。それ以降だと必ず新基準になります。別に悪いことではないのですが、この6月19日で、大臣認定プログラムの効力が無効になり、審査が長期化する可能性があります。

 今となっては、驚くことはないですな。もう少し緩和してくれると楽ですが。実際に運用開始になると混乱が予想されます。余裕をもったスケジュールで作業したいものです。

改正建築基準法等施工時の移行措置」への0件のフィードバック

  1. サリー

    SECRET: 0
    PASS:
    今晩は。
    初めて、投稿致します。
    私も構造設計の仕事をしている者です、宜しくお願いします。
    地盤・基礎・杭、設計でも施工でも気を使いますね。地下は、工事をして見ないとわからない部分が多いし、地耐力は地質調査会社に頼っています。
    先日、基礎の件で確認申請がなかなか下りない物件がありました(鉄骨造2階建て店舗210m2、地耐力49kN/m2)。
    基礎の設計で基礎の大きさをぎりぎりで設計していたに目を付けられて。地中梁の重量が入っていない。スウェーデン式サウンディング試験の深さが浅い。日を置いて、ここは10年位前に造成で盛土をしているので造成した公団に確認すべし。
    結果、山地を平らにした為最大5m位の盛土(周辺広範囲)をしていました。造成工事はたぶん良く施工したようで地盤沈下等のクレームは0。SS試験でも地耐力が基礎下2m位まで5t/m2以上出ているので、なんとか設計のままで確認申請が下りました。(その下は調査していないのでわかりませんが)
    盛土とは夢にも思いませんでした。
    SS試験ですと殆ど5t/m2未満で地盤改良を勧めるものしか見たことがありませんでした。

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    サリーさん こんにちは。
    貴重な経験談ありがとうございます。
    本当に地盤のことは難しいですね。SS試験は本当に当てになりません。SS試験、地盤改良が常識のようになることは、非常に怖いと感じています。
    今後ともよろしくお願いします。