府中市郷土の森の星空観望会

 仕事が繁忙なのですが今日は土曜日。たまに抜け出しては望遠鏡屋さんにいったりして情報を入手。今日は星空観望会の日。ということで初めて郷土の森の夜の星空観望会に行ってきました。たくさんの方が見に来ていてびっくり。
 初めの30分はスライドで星空の説明。手慣れており非常にわかりやすい。親子連れが多いので特に注意しているのだろう。府中天文同好会の方々が丁寧に説明している姿は素敵でした。
 さて、肝心の星空は晴天だとおもったら風が出てきてコンディションが急に不良に。目当てのペガサス2も動いていましたが、能力を発揮出来ず残念。でも土星の輪は見えており子供たちには良かったと思います。惑星などは空のコンディションで見え味が大幅に変わります。大きな望遠鏡ほどコンディションに敏感です。今日の状況なら安価な望遠鏡で見えるレベルと変わらず非常にがっかり。でも自動導入を初め機材のパフォーマンスは高く次回以降に期待です。それにしても解説の方々(多分府中天文同好会の方?)は親切で、あれだけたくさんの人間が来ているのに手際よく見せていました。さすがです。
 ペガサス2以外にも反射望遠鏡が2、屈折望遠鏡が3ありましたので退屈しません。土星、金星、月をメインに見せてくれました。あとミザール(二重星)やM3(球状星団)も見れました。本当は月がない地方の暗闇で星は見たいものですが、都会で星空観望会をやることに価値があります。
 ちなみに私のホワイティドブと同型機がありました。見え味に差がないかドキドキでしたが、幸いそれほど差は無かったです。しかし組み立て調整などはかなり差があり、個人の好みで調整できるドブソニアンの可能性を感じました。
 それにしてもフローライトの屈折は色収差もなくコントラストが高い。馬鹿高いのにマニアがどんどん購入する理由がわかりました。こういうコンディションが悪い場合でもある程度実用になりますし・・・。
 また機会があったら見に行こうと思います。