業者のモラルとお客のモラル

 業者側のモラルが問われている昨今。別に建築業界だけではなく、食品、発電所、家電他色々。しかし、業者を運営しているのは人であるから、個人個人のモラルが低下した、と言い換えることが可能なのかもしれません。もしかしたら不正が見つかる率が高くなっただけなのかもしれませんが。
 耐震診断して補強設計を持っていって見積もりまでしました。しかし高い!といわれて話は没。しかし、後日、耳にしたのですが工事は補強設計どおり行ったそうです。設計監理のお金を節約したってわけです。補強設計だって技術ですしコストがかかっていないわけではありません。このような流用を本人が考えたのか、施工業者が考えたのかはわかりません。確かに可能ではありますが、普通のモラルを持った方ならやらないはずです。しかしやってしまうのですね。悲しくなります。ただし、この場合「得をした」と思うのは間違いです。
 補強設計を行ったといっても現場の指導や監理は行っていません。補強設計といっても契約前だから概算ですし、細かい部分は記載されていません。また現場で不明な部分があった場合の対応もされてはおりません。ようはきちんと工事が行われたかなどわかったものじゃありません。というのも、風の噂で、結構いい加減な工事がされたそうです。耐震補強のノウハウが業者になかったようです。といっても我々は知りません。お客様の判断で勝手にやったことですから。ただ無事であることを祈っています。
 このようなケースは多々あるようです。業者もモラルを持ってきちんとやらなければならないのはもちろん、一般顧客も業者を欺くようなことをしてはいけないと思います。国民のレベルが落ちれば国のレベルも落ちます。給食費滞納など身近でありえないことが発生しています。もう一度個人個人が気を引き締めなおさねばならない時期がきているようです。