振動シュミレーションの有効活用

 私は耐震診断ソフト等の振動シュミレーションに否定的です。実際のゆれなどは、地震によって異なるし、地盤によっても異なります。大学等研究機関の専門家でも難しいことを、入力するだけで結果が出るような耐震診断ソフトなどで搭載することは、誤った判断をしてしまう可能性が高いと思っています。また簡単に倒壊画面が出ることによって、お客様に恐怖感を与えることも問題です。もちろんきちんとした説明をすれば良いのですが悪質な業者さんに利用されると・・・とぞっとします。ソフトの問題ではないのかもしれませんが、使う方々は十分に留意してほしいものです。
 といいつつ、なまあず本舗も建物の耐震性を説明する手段としての振動シュミレーションの利用は行っています。細かな点を目をつぶっても、地震が来たときの揺れを理解するのには有効だし、そこからわかることも多いからです。ただ揺れて倒れます!という説明では専門家は失格です。
 私は振動解析は専門外なので、簡単なシュミレーションソフトを利用しています。一番多用するのは「診之助」というユニオンシステムのソフトです。これは木造2階建ての住宅の耐震診断ソフトなのですがオプションで簡易な振動解析が行えます。地震波も選べて建物の揺れ、
 層間変位、塑性率などが出てきます。今は発売されていないし、機能的にも不満は多いのですが、簡単に入力、検証が出来るので統計データを取る意味では便利です。また旧版とはいえ、耐震診断ソフトなので診断結果もでるので参考になります。新版の耐震診断ソフトではホームズ君「耐震診断Pro」が良いです。こちらは振動アニメーションが美しく、しかも角度を変えて見ることができるので、どのあたりを補強しようか検討するときに便利です。新築の場合、診断の評点はかなり高くでるのですが、揺れは比較的強くでるので目視でも設計の材料にできる情報が入ります。地震波を選べない、数値データは診断内容のみとあくまでビジュアル面のみで判断しなければならないのが欠点です。他に振動シミュレーターを利用します。これは木造だけでなく鉄筋コンクリート造、鉄骨造も出来る上、家具を置いてみたり地震波も自由に選べるので面白いです。元が構造計算ソフトなので、診断ソフトと違って難しいです。
 私はこの分野の研究者ではないので、多数を入力、検証して、どのように構造設計したら良いか、どのような物件が悪いのかを統計的に明らかにすることに重点を置いています。実際設計に活かせるようになってきました。
 私の事務所では、この成果を利用して、構造計算に振動アニメーションを添付するサービスを4月から実施することになりました。ソフトを使って振動をシュミレーションするのは簡易のソフトの場合簡単なのですが、そこから何を読みとれるか、何を表現すべきかが難しかったです。なかなかはっきりした解が出てこないのでやっかいです・・・。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。