高速バス事故で思うこと

 最近、「どの業界も同じだな」と思うことがあります。安くてよいサービスを提供することが当たり前の世の中ですが、そのためにどこかにしわ寄せが来ていることを認識しなければなりません。
 高速バスで21歳の運転手が事故を起こし、その16歳の添乗員(バイト)の弟が死ぬという痛ましい事故が発生しました。事故を起こすのは悪いことですが、現在の日本を象徴するような事故です。まず運転手が若いし、添乗員は高校生!?運転手はともかく、添乗員にアルバイトの高校生を使うなんて常軌を逸しています。またこの運転手は連続徹夜で交代要員も乗っていなかった!のである。規制緩和で新規参入業者が増え、競争が激化し人件費を削った結果だそうです。適度な競争は良いことですが過度な競争には良いことはありません。実力主義、競争社会、一昔前はそういうことがもてはやされたものですが、今やどの業界も限界に来ているようです。建築設計でも「いつ寝ているの?」と思える方が多くいますが、そういう人も様々なミスを犯しやすくなったり健康被害が出たりするのではないでしょうか?心配ですな。
 もっとも人のこと心配している立場じゃないので、気を引き締めなければ・・・・。