始動!

 事務所は明日からですが、私は今日から始動。パソコンの整備、ウイルスチェック、動作確認などやることいっぱい。今日はこういった準備に終始。この作業を怠ると同僚達のパフォーマンスを生かせないし良い仕事が出来ない。今年は人数も揃っているので私が構造・建築業務で表に出るシーンは確実に減ると思われます。仕事のやり方も変えていかねばなりません。
 さて、今日始めたのは仕事だけではありません。今年は基本的な学習が出来る最後の年だと感じています。今後を見据え毎日継続的に学習するシステムを組み上げました。私の寝室も安らぎ型から勉強型に改造。読書数と勉強時間を増やしつつ、プライベートな時間を逆に増やす・・・難しそうですが発想の転換でなんとかなりそうです。学習システム自体は大阪時代に確立しているので、あとはやる気だけでしょう。しかしもう若くないので自分の出来ること、自分がやらねばならないことを絞りやっていかなければなりません。
 今日、ホワイティドブを屋上で短期間格納するテントを買ってきました。これで観測後、すぐにしまって撤退することや、急の雨にも対応できます。防災用のトイレや着替え用のテントなのですがホワイティドブにぴったりでした。テントなので軽く、防災用なので簡単に片付けることが出来ます。さすがにこれだけで保管は厳しいので、カバーを掛けた上でテントを張るようにするし、風や雨が強いときは耐震館に格納するようにします。本当は物置をおきたかったのですが適当なものがなく、大きいと観望の妨げになるので困っていました。企画中のドームが出来上がるまでこの体制で行こうと思います。
 今年は仕事に勉強にプライベートに欲張っていくために、健康問題を解決しなければなりません。ジムなどで体を鍛えることも考えましたが、とりあえず食生活を改め軽い自主トレーニングを始めることにしました。今年は珍しく正月を元気に過ごせたので期待大なので、あとは持続できるようにしたいものです。

始動!」への0件のフィードバック

  1. macwhite

    SECRET: 0
    PASS:
    この膨大な日記に驚きました。とてもすべて読み切れませんが、たくさん読んで、非常に参考になりました。
    私は現在ツーバイフォー新築建築中の施主です。2階建て床面積約38坪の住宅です。構造というのは、マニュアルで何とかなるものではない、一邸一邸個別に考えていくものだ、ということや、構造計算は、計算する人間と、計算するソフトで、違う結果が出てくるものだ、ということがよく分かりました。そして最後は設計の方の気概しだいかと思います。私は内科の医師ですが、患者さんを相手にするのと同じことだと思いました。気持ちが引き締まる思いです。
    ところで、よく一般論として総2階のほうが構造上有利であることはよく言われますが、総2階でなければどれくらい不利なのでしょうか。これまで何かエピソードやご経験がありましたら、ご紹介ください。
    ちなみに私の住宅では、東面と西面の2階の外壁は1階の外壁の上に乗っておりますが、北面と南面の2階の外壁は1階の外壁より後退しております。すなわち、2階は東面と西面の壁で支えられているだけのかなぁと、愚考しております。この場合東西の揺れが発生したとき、1階の北面と南面の外壁が、2階を支える耐力壁として機能するのか、ちょっと心配しております。一般論ではどうですか?
    これから楽しみにしておりますので、ご健闘をお祈り致します。

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    macwhiteさん こんにちは。
    お返事遅くなってすみません。
    >私は内科の医師ですが、患者さんを相手にするのと同じことだと思いました。気持ちが引き締まる思いです。
     医師は非常に責任が重く立派な職業だと思います。専門家として頑張って参りたいものです。
    >ところで、よく一般論として総2階のほうが構造上有利であることはよく言われますが、総2階でなければどれくらい不利なのでしょうか。これまで何かエピソードやご経験がありましたら、ご紹介ください。
     もちろん総2階のほうが強いです。新潟県中越地震の4ヶ月後に現地に行きましたが、激震地で住宅がかなり損傷、倒壊しているのに、近辺の木造総2階の古い倉庫が無事でした。建物が軽量だったということを考えてもこの倉庫が無事だったのは総2階だったから?とも考えられます。しかし他の要因があると思うので断定はできません。
    >ちなみに私の住宅では、東面と西面の2階の外壁は1階の外壁の上に乗っておりますが、北面と南面の2階の外壁は1階の外壁より後退しております。すなわち、2階は東面と西面の壁で支えられているだけのかなぁと、愚考しております。この場合東西の揺れが発生したとき、1階の北面と南面の外壁が、2階を支える耐力壁として機能するのか、ちょっと心配しております。一般論ではどうですか?
     多少、壁線がずれていても上階の床(小屋)が強ければ問題ありません。ツーバイフォーは面で構成され床も在来工法と比べて強いですから一般的な場合は特に心配することはありません。
     今後ともよろしくお願いします。

  3. macwhite

    SECRET: 0
    PASS:
    さっそくのご回答、しかもご丁寧に、ありがとうございます。安心しました。北面の壁は90cm×2=180cm後退してるのですが、一般の木造軸組で90cmまでなら大丈夫という記載を見かけまして、ちょっとだけ心配になったもので。毎日すごいボリュームで更新され、ほんとにすごいなぁと思います。できたらぼくもこんなブログをつくりたいな、と思います。書きたいことは山のようにあるのですが。
    これからも楽しみにしておりますので、ご活躍をお祈り致します。