スカイライン試乗

 今日は愛車ラフェ(ラフェスタ)の点検日。ということで八王子の販売店まで行ってきました。なぜこんなところで購入しているかはともかく、結構遠いです。さすがに年末ボーナスシーズン。店は混んでいました。私の担当の販売員は私と同い年。車に疎い私に色々と教えてくれるので助かっています。今日も会話ついでにスカイラインに試乗させていただきました。スカイラインは今年新車が販売されテレビコマーシャルが頻繁に流れていますね。基本的に走る車は苦手。一年前にラフェを買っている安心感から?試運転。車のエンジンを鍵も刺さずに押すだけでかかるのはびっくり。ひねりも必要ありません。もちろんエンジンを切るのもボタンを押すだけ。「なんだかな~」と微妙な感じ。椅子の調整も電動で調整が聞きます。何でも電気で動けばいいというものではないが、ひとつの方法だと思います。ドアを開けると椅子が自動で下がったりと新車ならではの配慮も面白いです。ハイテク好きにはたまらんでしょうな。インテリアは最近の日産っぽいシンプル(黒)な感じ。パネル類は特に見やすくはないが格好いい。ソファーは安心感があります。ただカジュアルな車ばかり乗っていたため私は慣れるのに時間がかかりそう。実際運転してみるとエンジン音が不自然・・・これはチューニングでエンジンが「走る」ような音になっているらしく、運転好きには非常に良いと思います。別に改造しなくてもこれならいいかも?と思いました。非常に大きな車なので広い道路では安心感があります。狭い道や駐車は若干不安を感じそうです。別に買うわけではないので、構いませんが。スピードは出せる道路ではなかったのですが、加速は気持ちいです。車好きな方にはいい車なのかもしれません。私にはかなりオーバースペックです。こんな車が似合う男になりたいものです(ラフェでもオーバースペック。マーチが似合っていたと感じています)。日産には日本に合った走る車をどんどん出してもらいたいものです。
 その後ホームセンターでホワイティドブの格納庫を物色。ひとつ良さそうなものがあったので寸法を覚えて帰ってきました。ちょうどぴったりでした。ただ軽量なので風が不安です。とりあえず数日考えてみます。