耐震診断の後悔

 今日は国分寺、小金井方面のお客様に商工まつりの案内を兼ねて回りました。お客のビルダーさんの一つに、今日夏祭りをしているところがあり、ついでに寄ってきました。非常に盛況でこのビルダーさんの好調さが覗えます。私も次のイベントの為に学ぶことも多かったです。
 さて、日曜日のお客まわりといっても外で会わない限り挨拶をするのは控えます。せっかくお休みですから。数人お話できて良かったです。
 さて残念ながらショックなこともあります。以前耐震診断をやったお客様で、悩んだ末に金銭的な事情で断念されたお客様がいらっしゃいました。ある有名企業の耐震リフォームにもかかわらず強度的に上がっていなかったので、再補強を考えていたお客様でした。この企業のやり方に非常に憤りを感じました。金額も非常に高かったですから。有名といえども信用おけるものではありません。その後、久しぶりに寄ってみたら外壁部に不思議な鉄骨のアングルが!診断したからわかるのですが、この建物は非常にバランスが悪く東南の角がウイークポイントでした。有名企業の耐震リフォームのおかげでこの部分以外は補強する必要がないのはわかっていました(逆にその部分が非常に危険でした。兆候も見えてました)。しかし、新たに取り付けられたアングルは安全と思われた北側・西側に2個ついていました。これは悪質です。ようは道路側で取り付けやすいところを補強したのです。のぞき込んだら東南の角も東側だけアングルが取り付き少しはマシになっていましたが。少なくとも北側・西側のアングルは無意味です。お客様の心配する心理をうまく利用して補強工事をしたのでしょう。まあ少しはマシになったので良かったと思うべきか(少なくとも悪くはなってないでしょうし)?しかし私が提案していた工事よりも価格は明らかに高いし無駄も多いです。何よりも有名企業の耐震リフォームでせっかく外観が美しくなったのですが、アングルのせいで台無しです。ひどいことをするもんだ!と憤りを感じるとともに、自分がなぜあのとき無理してでも説得できなかったのか?と後悔します。
 私の勤める事務所は府中部会の部会長の事務所であり、市の紹介を受けることもあるので、あまり強引に補強を勧めることをしない方針なので仕方がないのですが・・・。このようなケースは他にもありました。きちんと考えて対処する必要性が出てきたと感じています。

耐震診断の後悔」への0件のフィードバック

  1. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    フランクロイドレフトさん こんにちは!
    >ここ20年の変遷は目を見張るものがありますよね。
     その前はわからない(子供だったから)のですが、やっぱり変化は激しいのでしょうかねえ。そろそろ落ち着いて欲しいものです。