住宅の基礎は・・・

 住宅の基礎の設計って非常に簡単です。木造2階建ての場合は構造計算もいらないし、一般的な仕様を守っていれば良いのですから・・・というのは過去の話です。
 地盤調査をきちんと行っているので大丈夫・・・これも過去の話です。
 地盤改良したから・・・。これも本当に必要だったのか?やって効果があったのか疑問の場合があります。
 というのは住宅用の地盤調査の信頼性が低いことが原因です。
 地盤と基礎のトラブルは減少傾向に思えるのですが、トラブルになった場合の金額は非常に大きく、また改良が難しい部分です。トラブルが発生するとその解決は非常に長い期間が必要になります。お金を多少かけてでも対策を怠らないようにしたいものです。
 地盤調査は、住宅の場合、ほとんどの場合スウェーデン式サウンディングという方法を使っています。この方式は簡易な反面、様々な欠点が指摘されています。しかも機械の構造が簡単で誰にでも操作ができるので、素人が調査を行っているケースが散見されます。またサウンディングの刃先は摩耗しやすく、本来の精度を保つには定期的に交換、手入れをしなければなりませんが、それをきちんと行っているかは疑問です。また機械差、個人差が大きく、地盤によっては適さない場合もあります。まあ調査価格が3万円程度~なので、妥当なところでしょうか?このあたりの事情は大手メーカーでも同様のようです。もちろん調査しないよりはマシなのですが。しかし住宅を建てるほうは、もう少しきちんとした調査を依頼したいものです。
 また10年保証なども信じてはいけません。金銭のみの保証ばかりが目にいきがちで、設計や施工に気を遣わない業者が増えています。またそういう会社でとんでもなくアバウトな設計を見たことがあり、正直信用できなくなりました。
 おそらくどの施工業者でも、頼めば(お金が高くなることが前提ですが)、良い業者や良い調査方法を依頼することが出来るはずです。家を建てるということは一生ものですので、最初の部分で手を抜いてはいけません。
 では、良い調査方法は何か?実は決定打はありません。その地域性、地質などを考慮して専門家が決定すべき項目です。私は周囲の地盤や地質データから勘案し、二種類の調査を併用するように提案しますが、残念ながら立場が弱く受け入れられることはありません。このあたりは業者よりも一般の方々に理解してもらうしかないと感じてしまいます。家を建てるということは、非常にお金がかかります。目に見える部分にお金をかけるのは仕方がないことで、調査費や設計費などにはお金を払いたくない気持ちはわかります。そこまで調査しなくても大丈夫な場合が大半であることも事実です。しかし、地盤のトラブルは確実に発生している現状を憂えるばかりです。

0 thoughts on “住宅の基礎は・・・

  1. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    フランクロイドレフトさん こんばんわ。
    お仕事大変そうですね。
    >まさに仰るとおりですね。
    >この資本主義の中で如何にエンドユーザーにそのへんの価値を
    >わかってもらえるかですね。
     そのための方法を模索しています。非常に難しいことだと痛感しています。