設計スタッフ募集・・・無反応!

 景気が良くなったのか、例の事件のせいか建築士の募集が全国的に増えているといいます。昨年はインターネットで募集をかけるとすぐに数人は連絡が来たのですが、今年は全く反応がありません。まあ、変わった零細設計事務所ではあるので仕方がないのですが。3月に意匠設計の人間が辞めたので慢性的に忙しいこの事務所の業務はパンク状態。期待の新人は構造で良い仕事をしてくれていて大いに助かってはいるのですが、意匠やら他の設計に関わる雑用がすべて私に回ってくるので正直辛いです。
 もっとも、ホームページやインターネットの建築の募集の掲示板しか載せていないので告知が十分でないのかもしれません。しかし職安は面倒だし、募集雑誌はお金がかかるし空振りの可能性も否定できず、どうしたものかと思案しています。知り合いにも積極的に募集の件を伝えて、誰か良い人を紹介して!と頼んでいるのですが条件があわず今のところ面接すら行えていません(いろいろ協力してくださった皆様。特にJさん、Oさんありがとうございます)。
 まあ気長に待つしか手がないのですが、今年の事務所のキャッチフレーズが「時代に要求される設計事務所へ」なので、なんか要求されないのか・・・と落ち込んでしまいます。もっと魅力を持った事務所になれ!ということでしょうか?
 なまあず通信が150号の記念を迎えるまでになんとかしたい今日この頃です。