わが家のリフォーム

 引っ越してもうすぐ一年。給湯器のパネルが壊れたり、照明が壊れたり、水道漏れが発生したりと様々発生しましたが、まずまず快適に暮らしています。ちょうど隣家をリフォームすることになったので、ついでにそのあたりを直してもらおう♪と、密かに計画を練っています。丁度耐震館から測量道具や備品を隣の書庫へ引越したので荷物もきれいに片付くので、少し考えてみようと思いました。
 まず、照明。前の家主さんは健康だったのですがヘビースモーカー。当然照明にもタバコのヤニが取れずに付いていたりします。良く掃除したのですが、今度は照明器具自身が壊れて閉まった・・・。というわけで明るく手入れのしやすいものを選んでいます。居間はシアタールーム兼用に改造するために手入れしてあるので、照明も明るさを調整できるものをチョイス。こうなるとあとはプロジェクターをいかにして手に入れるか(貧乏なんです!)を考えています。プロジェクターだけでなくスピーカーも・・・。しかし耐震館の予備設備でもある我が家は、ここで耐震やリフォームなどのちょっとしたプレゼン・上映会が開けるので、なまあず本舗の経費でなんとか・・・。無理か!
 壊れた空調や給湯器パネルも直したら、一体いくらになるんだろう??最近本業が忙しくなまあず本舗も売り上げ停滞気味。建築を手がける人間の家がボロボロだったら夢も売れません。まあ、もともとお洒落な内装を気に入って購入した物件なので、私が腕をふるって更にきれいにする努力を怠ってはいけませんねえ・・・。
 最近インテリア関連を猛勉強中。そういえば福祉住環境コーディネーターの試験も迫っている。どう切り抜けるか??