今週のなまあず通信と私のお勧めのCAD

今週のなまあず通信は

◆特集 しろありの被害にあわないために。
◆連載 お勧め!ぷちぷちリフォーム
◆なまあずセキュリティ

 でお送りいたします。

 さて、先日CADに関して少し書きましたが、CADとは、「Computer Aided Design」の略でコンピュータで図面を書くソフトのことです。一口にCADといってもいろいろ種類があります。平面形状の設計に使う2DのCADや立体物を書くのにつかう3DのCAD、どんな用途にも使える汎用CADに建築、機械といった分野毎の専用CAD、その他様々な分類があります。ですから自分の仕事にあったCADを選ぶ必要があります。
 私がお勧めしたいCADはJWW・・・といいたいところですが、できれば最初のCADにしないほうが良いと感じます。JWWは無料だし、書籍もたくさん揃っているし、インターネットでもたくさんの情報が手に入ります。その点ではお勧めできます。しかし建築よりのCADではあるのですが、熟練するまではただのドラフターもどき、という印象を受けてしまう可能性と、サポートがないので私としてはあまりお勧めできません。きちんとサポートがある会社のCADのほうが良いと思います。
 現在私が一番お勧めなCADは、VectorWorksです。Windows,Macの両方とも販売されており、価格も20万以内、3次元汎用CADとしては使いやすいし、大学で学生の教材としても多く使われているので今後さらに普及すると思います。
 木造建築CADで安いの!といえばRAKU楽forWindows。間取りをいれてサッシ等をいれれば柱や壁が自動立ち上げ!率面やパース、伏図を描く機能まで入っています。これで39800で限定販売をしています。私も試用してみましたが、なかなかもって良い感じです。元は50万以上した製品なので。
 面白いところではCG2000。間取りの変更にパースにすぐ反映される気軽さはお客様を前にプレゼンや打ち合わせするのに非常に便利です。名前のとおりCGもきれいです。斜線等の検討も鳥かご図でわかりやすく限界を表示してくれます。ちょっと高いですがそれだけの価値はありそうです。
 その他も紹介したいCADがあるので、次回に。