構造設計希望者が増えているそうです

 確かなデータでもないので発表するようなことでもないのですが、某大学では、建築構造のゼミの希望者が増えているそうです。構造計算書偽装問題のおかげかもしれません。有能な構造技術者が育ってくれれば今後の建築業界も明るくなるかもしれませんので期待しています。ただ受け入れるほうも、手を抜かず教育して欲しいものです。世間で言う「即戦力」が通用する世界ではありません。地道な経験と努力が必要となる業界です。せっかく希望者が増えているのですからきちんと育ててあげて欲しいものです。
 さて今日は自分がギリギリまで粘って構造検討をしてしまったためお客様に迷惑をかけてしまいました。本来なら一日で返事出来た内容なのですが新規であったので「格好いいとろこを見せたい」「もしかしたら出来るかも知れない」という思いが交錯し判断を遅らせてしまったようです。やはり冷静な判断が必要ですね・・・。まあ今回の場合時間にすれば数時間判断が遅れただけなのに、担当者が不在だったり携帯電話の番号が突然変わったりで連絡がついた時間が非常に遅れてしまったのです。このような突発的な事態は珍しいのですが、やはり何でも早めに連絡する癖をつけたいものです。
 今週末は遊びに・・・と思っていたのですが用事が入ってしまいました(涙)