構造計算日和

 今日は今朝から構造計算日和??この時点で既に4件の構造検討と2件の耐震診断のチェックを行いました。そろそろ発狂したい気分。幸い今日はあと一件(これが難しいんだな・・・)。さっさと終わらせて遊びに行きたいところ(そんな元気ありませんけど)。仕事しつつ新しい構造計算の使い勝手をチェック。学習。やはり既存のものに慣れているので簡単にはいきません。しかしソフト操作の習熟度でも構造設計の質が大きく変わってくるので基本を疎かにしてはいけません。今春、事務所を上げて構造計算の更なる質と精度の向上を目指し検討してきました。更に設計にかかる時間を類型化し原価計算を行い金額の見直しや納期の見直しも行っています。マンパワーに頼るのが設計なので無理するとどうしても精度が下がります。このあたりのバランスを重視しJR西日本の二の舞を起こさないように努力していきます。
 そういえば明日はバレンタイン・・・ではなく昨年は府中の信用金庫で殺人事件が発生した日です。もう一年になりますがまだ犯人は捕まっていません。早く捕まって欲しいものです。

0 thoughts on “構造計算日和

  1. フランクロイドレフト

    SECRET: 0
    PASS:
    耳の痛いお話です。
    責任の擦り合い、というものが根底にあるのでしょうが
    確認申請には我々提出事務所の名前が出て、それを検査機関の名前で認可するわけですから、
    この2社に責任が基本的にはかかってくるということになるはずであり、
    設計事務所・工務店はそれなりの覚悟で提出しなければならないし、
    検査機関は、それなりの覚悟で認可しなければなりません。
    ただ、私も実際は「最終的には検査機関が確認してくれる。」という
    気持ちでいたのは事実で、今回の事件は衝撃でもあり、考えの是正を余儀なくされました。
    「そこまで審査できない!」と言い切る検査機関の社長って一体なんなんでしょうか?
    絶対あそこには出せませんね(--;

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    フランクロイドレフトさん いつもありがとうございます。

    今日も民間(あの会社です)でおろした確認を評判が悪いからといって完了検査のみ行政でやろうとした設計事務所からクレームが付きました。何でもその役所では全国でほとんど問題なくおりている方式の計算では確認(完了検査も)を通さないというのです。兵庫県みたいに県で定めているなら話はわかるのですが・・・。行政毎に対応が違うのは何とかして欲しいです。まあ構造よりも意匠の法が大変だと思いますが・・・。非常に胃が痛い毎日です。