初めての木3

 私が初めて構造計算やったのは4年前。まだ構造力学も何もわからなかったころ、kizukuriというソフトの操作だけを姉に教えて貰って入力しました。当時は梁とか火打ちとかの意味がまったくわからなかった。まあ京都のパソコンショップ店員からの転職だったので無理もない。見上げ見下げもわからずに入力して怒られました。ただ案外簡単に計算は終わり図面も書き上がりました。それはソフトの力であり、周りに良き先輩がいたからです。その2ヶ月後初めて自分の担当で確認申請まで通しでやりました。このときの経験は初めての木3で書いています。久しぶりに見直しましたが、恥ずかしい限り。でも一生懸命やっていたんだな、と熱意だけ感じます。ホームページで恥さらししているようなので、そのうち削除しようと思っていたのですが自分の原点と思い未だ細々と公開しています。
 そういえばあの頃は暇だった。いちいち都内まで訂正に行っても怒られなかったし、役所によったあと、直帰だと都内で遊んで帰りました。今ではすごい昔のことと感じます。
 ブログでは難しい、こういった長期連載も久々にやってみたいと思う今日この頃です。