ラグビー日本選手権

 もしかしたら?とわずかな期待を抱かせるほど強かった母校。でもここで快進撃はストップ。
 何の話かというとラグビー。オリンピック開催年ということであまり注目を浴びませんでしたが(?)、早大のラグビー部が先週のラグビー日本選手権でトヨタ自動車と対戦。見事勝利するという快挙を達成したのだ。今週はベスト4。王者であり地元(歩いて5分♪)である東芝府中と対戦。母校と愛すべき地元のチームとの対戦という、あまり見たくない組み合わせ。先週のトヨタ戦はテレビ観戦したのだが、今週は仕事で見れず後で結果だけを確認しました。早大の快進撃もここまで。完敗だったようです。
 ずっとラグビーを見続けた人間にとっては最近は学生と社会人が対戦することに意味があるのか?と思っていた人もいるでしょう(完敗ばかりでしたから)。でも不可能を可能にすることもあるんですね。結構勇気を貰いました。東芝府中戦を見ていないので何ともいえませんが、少なくともトヨタ戦は奇跡というより、きちんと勝負になっていてしかも優勢に見えました。奇跡!ではない勝ち方でした。
 仕事にばかり目がいっていましたが時代は確実に動いています。もう少し余裕を持って世間に目を配りながら生活していきたいと感じる今日この頃です。