泥棒も進化している

 年末なので、防犯対策のテレビ番組も増えています。府中市でも空き巣の被害が報告されていて予断を許しません。ケーブルテレビのコミュニティ番組ではアパートの空き巣(未遂?)があったと流れていました。最近他のニュースが酷いのばかりなので目立ちませんが、十分注意しましょう。
 テレビ番組を見ていて気付くのが、昨年等にいわれていた泥棒の手口は進化し、防犯グッズも間違った使い方をしている人がいること、対策商品も進化していることです。恐らくいつまでたってもイタチごっこなんでしょうけどね。なまあず通信では今週号から3週で防犯対策のミニ特集を組んでみますので、よろしかったら参考にしてみてください。なまあず通信は以下のページから購読手続きができます(無料)

なまあず

0 thoughts on “泥棒も進化している

  1. 配管屋こい

    SECRET: 0
    PASS:
    昔、大阪での仕事の際デパート新築現場で、耐火の目的で鉄骨に石綿を吹き付けてました。これにもアスベストは入っていたのでしょうか?結構吹きつけ中にうろうろしてたので少し心配です。報道等を参考にするとかなり前から使用が禁止されているみたいなので1997年竣工現場なのでおそらく使用してないと思うのですが・・・(石綿=アスベストと思ってる私は間違い・・・)

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    配管屋こいさんさん。こんばんわ。
    アスベストの鉄骨への吹き付けは、平成に入る前にすべてなくなっています。1997年頃だと確実に入っていません。逆にそのころのアスベスト含有の成形板(スレート屋根やケイカル板)などは入っているものが多く区別が難しいです。ある時期からのアスベスト含有の成形板には裏に「A」のマークが入っているそうです。
     石綿=アスベストですよね??