どこへ行っても構造計算書偽造事件の話題に・・・

 世間の注目度を考えると構造計算書偽造事件の事ばかり聞かれるのは仕方がないかもしれません。得意先のハウスビルダーさんや工務店さんなどはともかく、一般の方にも「構造計算書の偽造ってやったことある?」などと聞かれます。中にはきちんと構造計算をやったことを誓約する「誓約書」なるものの提出を求められることもあります。きちんとやっている業者にとってはいい迷惑で、知り合いの構造屋さんの愚痴は増えるばかり・・・。
 住宅メーカーさんやマンション業者さん達は更に大変で問い合わせがすごいそうです。業界全体が揺れているように感じます。
 来週には証人喚問もありますので原因究明に期待が持てます。住民補償に関しては国が動くみたいですが不公平感が残る対応が残念です。とりあえず被害がこれ以上広がらないことを願います。