3階建ての耐震補強

 木造3階建ては、2階建までと異なり構造計算が必要だったり様々な制約があり、設計、工事とも難しいです。2階建てが出来るからといって3階建てが出来る訳ではありません。金物や床に関する制約も大きいのです。しかし以前は、そのことが周知されず欠陥の多い3階建てが数多く建てられたそうです。私も3階建てを2件耐震診断し、数棟の検査や設計に携わりましたが、やはり現場での無知が災いしとんでもないことをしている場合がありました。
 さて、木造3階建てで不幸にも欠陥があるものを購入し年月が経ってしまった場合、振動が多い、雨漏りする、梁が下がっている、基礎が割れているといったトラブルが発生することがあります。
 そんな場合は、木造3階建ての構造設計や耐震診断に詳しい方に診断を依頼すると良いです。耐震診断に慣れている人間でも木造3階建てに精通していない場合がありますので、やはり木造3階建てに詳しい人間に診てもらうのが件名です。
 最近の補強例では、建物が揺れやすいので、基礎を補強後、耐力壁を設置し力を伝達しやすいように天井を補強した例があります。また梁が下がってきていたので梁を支える鉄骨柱を新設した例もあります。建物が揺れやすいのは精神的にも良くないうえ、壁にヒビが入りやすく雨漏り等の原因にもなりますので早めに対処したいものです。