補強金物のなぞ

 最近、耐震診断・補強業者の施工事例を見ているのですが、金物をやたら取り付ける会社が多いことに気がつきます。これは一般に、耐震診断・補強業者の親玉は金物を作っている場合が多く、その売り上げを上げるために耐震診断しているからだ!とまことしやかに耳にします。
 特に基礎・土台と柱を繋げる外付けの金物は高価です。一カ所10万円くらいする業者もあります。確かに私が見積もっても、ある程度高いし手間もかかるし、効果のある取り付けには技術が必要です。しかし取り付ける数が多すぎるような気がします。
 特に無料の診断業者の診断結果と補強設計を見ていると診断結果と補強金物の因果関係がわかりません。計算や告示で算出する必要金物より、はるかに大きな金物を取り付けている場合が多いのです。また不必要な箇所にも取り付けている場合もあります。また悪質と呼ばれる業者のなかには、取り付けやすいところすべて、に取り付けているケースも見られました。
 きちんとした精密診断を行って、きちんとした補強設計をすれば、そういった無駄な金物を取り付ける必要がなく、他に必要な補強やリフォームにお金を振り分けることができます。口のうまい営業や、まがいの診断者、耐震診断ソフトに入力すれば耐震診断ができると思っている診断者には注意が必要です。