基礎の計算で悩む

 普段、当たり前のようにやっている業務が、ふとした瞬間に疑問を覚え、何やっているんだろう?と思うことはありませんか?
 構造計算を始めて3年目。もともと文学部出身で、建築にも数学にも縁がなかった私は、どちらかというと理論よりも実践を重視し、ひたすら、方法を覚え業務に忠実にやってきたつもりです。ただ、やはりどこか抜けているらしく今回も悩み始め、業務後、図書館にこもり一から勉強。
 悩んだのは木造住宅の基礎の計算。今まで誰からも指摘を受けず、役所からも何もいわれなかったので、何の疑問も覚えていませんでした。しかし最近、壁式RCやRCの計算を覚え、他の基礎形式も学んでいると、「本当にこれで良かったのか?」と疑問を覚えるのも自然なのかもしれません。
 まあ、まだ先は長いので、地道に勉強ということでしょうか?
 何か良い、参考書がありましたらお教え願います。