地震と台風、同時に来たら?

 木造住宅の構造設計しているとき、主に地震力と風圧力と壁量の比較をしながら基本的なプランを作ります。今台風が来ていますが、もし台風と地震が同時に発生したら?と考えてしまいます。
 雨が降って地盤がゆるんでいると地震の被害が大きくなることは比較的知られています。しかし台風のような強風が吹いていたら、更に被害が大きくなるのではないか?と考えてしまいます。同じように大雪が降っていたら?と感じてしまいます。
 木造住宅の場合、構造計算は、地震力に対する必要壁量と、風圧力に対する必要壁量のうち、大きい方を満たすように設計します。ということは単純には、台風と地震が同時に起こるということを想定してはいないようです。もっとも同時に発生したら単純に両方の力をプラスするわけではないので難しいかもしれません。
 念のため台風発生時の大地震を調べてみましたが近年はありません。実際どうなるか興味がありますが、できれば同時に発生してほしくないです。
 最近、関東にも台風が上陸することが多くなりそう(地球温暖化等のため)なので、設計時に風圧にかんして余裕のある設計を心がけて、ワンランク上で設計していたら、お得意先に怒られました・・・。やはり部材の省力化のほうが大事なのでしょうか・・・。