見積について

 最近、悪徳リフォーム業者のニュースが世間を騒がせています。今に始まった話ではなく随分前から被害はでていたようで、私の勤める事務所にも相談に来られる方はいました。
 さて悪徳リフォームを防ぐ方法としてワイドショー等では、
・複数の業者から見積もりをとる
・訪問業者は家に入れない
 等が紹介されています。しかし複数の業者から見積もりをとる、方法はベターなようで実は問題点もはらんでいます。
 見積もりは無料!と、思われている方がいらっしゃるようですが、そんなことはありません。見積もりは一般的に非常に手間がかかる作業で簡単にできるものではありません。無料!といっても実は工事代金の中に織り込んでいます。ですから複数業者からの見積が一般的になると業者は仕事の確率が下がり、さらに工事代金が上がっていくか、業者の経営が苦しくなることが予想されます。それでなくても一般的な工務店、リフォーム会社の経営が厳しい時分。苦しくなるとまた新手な悪いことを考えないとも限りません。
 もちろん複数業者からの見積もりが悪いといっているわけではありません。ただ安くしよう!業者を叩いてやろうという下心だけで複数業者から見積もりをとろうと安易に考えるのはやめて欲しいだけです。
 見積もりや工事内容が適性かどうかを判断するのには、建築士等の第三者を監理者として、チェックさせる方法もあります。どちらかというと割高になりやすいのですが、適正さを追求するには有効です。しかしそういった作業に精通していない建築士等を選んでしまうとチェック機能がきちんと働かない可能性があるのが難点です。