木造耐震診断ソフトの動向(再び)

 まだ、ユニオンシステムの耐震診断の発売がされていないのですが、各社動きがありました。
 インテグラルの耐震診断Proが、7月14日にVer1.50にバージョンアップ。大幅に機能強化されたようです。しかも無償なようです。他の耐震診断ソフトを利用している身としてはうらやましい限りです。同社見積ソフトとの連動や振動アニメーション、PDF出力機能などです。他の耐震診断ソフトに比べ動作が鈍い気がしていたのですが、3次元CGの表示が高速化されるようです。旧版のデモは遅くて使う気にならなかったので、この点が改善されるのは非常に良いことです。他の耐震診断ソフトに比べ所見欄がなかったのが気になったのですが、今回加わっています。更に完成度が高まったようです。HOUSE-DOCもそうですが、N値を別売にしているようです。それだけの価値があるのかが気になります。
 構造システムのHOUSE-DOCは、使い勝手の向上がメインです。他社に比べ機能アップは乏しいのですが、使い勝手の向上はピカイチ(初めが悪かった?)。私の周りで使っているユーザーが一番多いため雑音ばかり聞こえてきますが私はこの方向性は良いと思っています。またHPで操作の流れが公開されたので、導入も簡単になりました。
 東京デンコーの安心精密診断2004は今回は小休止。完成度が高く主に構造屋さんに評価の高いソフトですので、とりあえず完成ということでしょうか?旧ユーザ(私)にとってバージョンアップ価格が高いことだけが不満です。
 日本建築防災協会のソフトの購入された方、是非評価をお聞きしたいので、使っている方は教えていただけると助かります。