木造3階建ての耐震診断

 最近になって木造3階建ての耐震診断のお問い合わせが増えています。木造3階建ては構造計算が必要なことからもわかるように、木造2階建てに求められる性能よりも上位のものを求められます。私は大工ではないので、あくまで図面上の話で構造設計を行っていますが、新築の木造3階建て現場や耐震診断の木造3階建て現場にいくと「なんじゃこれは?」と思わず絶句してしまうことがあります。
 構造用合板を土台と梁に釘打ちしないもの、ホールダウン金物の使い方を間違ったもの、筋交い金物を欠ききったもの、勝手に間取り変更しているのに部材を算定していないもの、どう考えても構造計算が回らないもの・・・。当然のことながら、トラブルが発生してきています。風や車の通行で揺れやすい、壁や基礎にヒビが入る、梁が下がってくる、床がぶかぶかする・・・。だいたい現象は同じようなことで悩んでいます。なんとかしてあげたいのですが、木造3階建てはたいてい準耐火建築物で、壁の石膏ボードは厚いし、大壁だし、天井裏に入れなかったり、入れても懐が狭く目視不能だったり、断熱材が多かったり、診断するのも非常に苦労します。もしかしたら、設計と同じように木造3階建ても2階建てと異なるアプローチが必要なのでは?と感じています。