工務店・大工の違い

 工務店や大工の腕の違いがあることは、誰でも知っています。しかし建物の完成度に関してはそれ以上に質的差があることが最近の悩みの種です。
 腕がいくら良い大工でも得意不得意はあります。また他分野の業務にも長けている便利な職人もいます。しかし在来工法の新築は得意だが2×4は駄目、リフォームは得意だけど新築は駄目、きれいに仕上げるのは得意だが耐震工事の考え方がわかっていない、とかいろいろです。同じことは工務店でもいえて、下請けや現場監督で得意不得意が変わってきます。
 ですから建築設計事務所としてはお客様から仕事を依頼を受けたとき誰(どこ)が、その仕事に一番最適かと選択する必要があります。何でもできます、と営業にくる工務店が増えていますが、試す意味でいろいろ質問すると得意不得意がはっきりします。もちろん1回仕事をしてみないと分からない点も多くありますが。
 価格も得意不得意等によって、結構差が激しいのです。安いと思われている業者がどの工事でも安いわけではありません。