スマトラ沖地震の詳細がつかめない

 スマトラ沖地震の被害状況が次々と入ってきています。私もテレビ、新聞、インターネットで入ってくる情報を整理しているのですが、津波の被害は拡大する一方、地震のみの被害の情報が入ってこないという不思議な現象が起こっています。地域によっては正確な調査報告ではないのですが震源地近くでも津波以外の被害が少なかった地域もありM9.0の地震の揺れのパワーを感じさせる報告が本当に少ないのです。
 もっとも津波の被害が甚大で、その状況把握や遺体収容ですらままならない状態ですので、調査が進まないだけなのかもしれません。正月にだいたい状況は整理できると思っていただけに、自分の読みの甘さと今回の被害の大きさに改めてため息のでる思いです。
 2003年 7月の宮城県北部の地震のとき初めて地震直後に被災地を直接見ることができました。テレビで見るイメージとはかなり異なっていたことが印象に残っています。テレビの視界って案外狭いこと、地域によってまったく異なる被災状況、地域住民の顔色・・・様々に感じることが出来ました。出来ることなら自分は被災者になりたくないです。もっともまだまだ生きなければならないのですから確率は十分にあるので、きちんと調査し、備えなければと改めて思います。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。