日別アーカイブ: 2004/10/10

台風22号

 発生した時点では、それほど大きな台風になるとは思いもしなかった台風22号は日本近海にきても勢力が衰えず、結果として関東に上陸した台風としては史上(正確な記録が残る51年以降)最大の台風となりました。スピードが速かったので大きな勢力を維持したまま上陸したものの短時間で通りすぎたため思ったより被害が小さかったと感じます。もっともこれだけ短時間だったのにここまでの被害がでるということは、やはり強力な台風であったのは間違いないのです。
 都内を運転しているとき、窓に打ち付けられる雨で前方が見えなくなり、風で車体が煽られるのがはっきりわかりました。通常関東地方に上陸する台風は、上陸時には勢力が衰えていて、良く見る四国上陸時のテレビ中継のような凄まじさは感じなかったのですが、今回は感じました。
 交通機関はかなり麻痺しました。地下に水が流れ込み地下鉄が止まったり、中央線の四谷駅付近で崩れてきた土砂で線路が埋まったりした。停電も東京電力によると延べ約28万戸に広がるなど台風の威力はものすごいものでした。都会の自然災害の弱さが露呈して、しばらく都内に出たくなくなりました。
 それでも今回、庭やベランダに物を置きっぱなしの家を見ました。姉の家もそうだったので注意して片付けさせました。結果として夜、家の周囲を見回したら、色々なものが散らかっていました。もう少し台風に対する意識を高めないと、今後大きな台風が上陸したとき被害が大きくなりそう、と感じました。