日本民家園

 京都より戻ってその足で、川崎市立日本民家園に行ってきました。向ヶ丘遊園駅から歩いていけます。しかし近所なのに私はここを知りませんでした。もう向ヶ丘遊園はなくなっていました。昔デートした思い出の場所なのに・・・。
 さてさて日本民家園は1967年に開園した比較的古い民家園。東日本の代表的な民家・建物が広い生田緑地にゆったりと建っています。京都から戻ったばかりの私は歩くだけでクタクタになりました。府中の郷土の森や江戸東京たてもの園のような平地の古い建物を展示しているところを想像すると、まったく違うので注意が必要です。登ったり降りたり山の中を散歩しながら民家を訪問するような感じです。
 驚くのが今日も30度近い温度で外にいると暑いのですが、これら古民家の中に入るとヒンヤリと涼しく感じるのです。最近の家は中に入ると「むわっ」と暑いのが普通です。それだけ通気が良いのでしょう。それも古民家毎にヒンヤリ感が微妙に異なるのです。通気性はあんまり変わらないようで原因も解明できなかったのですが。次回は温度計を持ち込んで原因を探ってみようと思います。
 詳しくはホームページ「なまあず」で後日報告いたします。