auデータMAXプランを20日程度使ってみて

ネットのレビューは、お金の大小やアフィリエイト目的ばかりで本質的な部分があまり書いていないことが多く残念。今回、福島に四日間も行ったり、出先で巨大なデータを扱うことがありそうだったので10月1日よりauデータMAXプランを契約して実際に使って見た感想を書きます。それまでは遠出もそれほどないのでOCNモバイルONEの110MB/一日プラン(スマホ)と、楽天モバイルの3.1GBプラン(これをLet’s noteに入れていた)を利用していました。たまに通信制限がでますが、一日で回復するのでOCNモバイルONEは重宝していました。たまにしか使わないLet’s noteでは、3.1GBで十分だったのでこの組み合わせは安くて良かったのです。

さて、それに合わせて端末もau版が必要と思いXperia XZsにしました(もちろん中古)。こちらはこのブログで書いている通り、なかなか良い端末です。カケホ契約なので、バッテリーが不満ですが、基本この一台で済むのがポイントです。

まず速度。悲しいほど速度が遅いOCNを主力にしているだけあって、高速すぎる!!快適すぎる!!のです。そのうえパケットを気にしないで良いので精神的な余裕が生まれます。急ぎの仕事でPDFを送ってくる際も躊躇なくダウンロードして見れます。前は、データ容量を見て・・・など一手間かけていましたが・・・。その分でも時間の節約になります。速度とパケットを気にしないで良いのは、仕事の上で非常にストレスがなくなります。

そのかわりバッテリーも早くなくなりますし、ネットの上で作業していることも増えます。これはビジネスマンとしての活動を減らすことにもなるので、自分を律することが必要です。何しろ電子書籍などのダウンロードも躊躇しなくなります。アプリもです。バッテリーはみるみるうちになくなります。当然通話もしているわけですからね。Zenfone5ZよりバッテリーがもたないXperia XZsでは役不足です。

つまり、auデータMAXプランを運用するためには、バッテリーが大きな機種と、便利に運用するための高速なスマホと、スマホの楽しさで時間を浪費しない精神力が必要になってきます。最近、バッテリーが巨大な機種が次々に出てくる意味がわかりました。私がOCN運用でXperia XZsを使い続けたとしたら、恐らくバッテリーは一日、もったと思います。しかし今の使い方だと1回は必ず充電しないとダメなのでモバイルバッテリーは欠かせません。OCNモバイルONEのSIMはZenfone5Zに入れているので、こちらをサブとして利用することである程度はなんとかなりますが、スマホ2台持ちは持ち運びの面でもお勧めできないので、カバン運用となってしまいます。まあ保険ですね。

ただしガラケー+スマホで運用していた私にとってはかなり快適になったのはもちろん、Xperia XZsで防水とおサイフケータイになったことで機動力は上がったのは仕事面でも良い成果がでてきています。反面、youtubeなども出先で容赦なく見られるので時間の浪費が心配です。実際、youtubeなどの再生はかなり快適で無線LAN気分で見られます。Xpreia XZsのバッテリーはどんどん減るので、それが抑止力にもなっています。

auデータMAXは制限がないということでかなり、精神的に楽になるので金額が許せば契約したい内容ですが、さすがに高すぎますね。これが高くないくらいの運用ができれば、絶対契約すべきです。またSIMフリー端末で運用しても良いのですが、auの基本サービス(メールとか、会員サイトとか)があるので、できればau純正で運用したいです。そのあたりauもsimフリー端末にau機能を簡単に取り入れるサービスなどを準備したほうが良いと思います。時代に逆行しているようですが意外と使う人は多いかもしれません。

ちなみに20日使った私のパケットは5GBです。結構頑張って使ってこれです。OCNモバイルONEで節約を徹底的に覚えた私だと無駄遣いしてもこの程度です。これでもyoutubeで将棋見たり、Abemaで将棋見たりしているんですけどね・・・。一般の方はどうなのでしょう??以外と下位プランでも私は大丈夫かもしれませんし、テザリング20GBあるので、楽天モバイルを解約しても問題なさそうです。

モバイルSuica特急券

ほとんど旅行に行かないので、この手のテクニックには疎いのですが、今回はXperia XZsを買ったので挑戦。おサイフケータイのモバイルSuicaを使って東北新幹線を予約!!です。

何でもチケット類はネット予約は当たり前なのですが、このサービスのキモはスマホ上ですべて完結すること。予約だけでなく、チケット受け取りもスマホでOK。その受け取りも電子データでおサイフケータイに入るので、チケットレスで入場ができるのだ!!最初は不安(私?)ですが、たぶん大丈夫なんでしょう。私も無事にチケットを取れました。ということで木曜日から福島に行ってきます♪

同じシステムで東海道新幹線は??と思うのですが、どうやら別システムなようで・・・。

長期旅行に備えて通信網を整備

長期といっても三泊四日なんですが(汗)。しかし平日2日を含む旅行なんてこの20年(つまり社会人になって)やったことはない。そこで通信網をもう一度見直して外出先で仕事をできるようにしてみました。

まず auのプランをauデータMAXプランへ。かなり高いプランだが、スマホを使っている限り無制限で使え、テザリングでも 20GBは使える。これでPDFなどの重いデータのやりとりも心配なくなりました。

次に、その運用端末。通常はZenFone5Zを使って万が一のときはZenFone3という運用体制。この両機はauでもdocomoでもsoftbankでも使えるので重宝します。いざというとき人のSIMを使えたり、逆に端末を貸すこともできます。が、おサイフケータイでもないし、防水でもない。またauのアプリ類を使えなかったりするので、一台au機が欲しいな~と思ったところ、Xperia XZsを安価で入手できたので、こちらにauのsimを刺すことに。通常はauの通話し放題SIMとocnモバイルoneとのdsdvなのだが、今回は期間限定可もしれないがauデータMAXプランなので一枚でOKなのだ。これは運用上制約が少なくて良く、128GBのSDを刺せば、ZenFone5Z並みの運用が出来るはずだ・・・・。ということです。

 これで、ZenFone5Zはocnモバイルone一枚差し+SDカード。Let’s noteは楽天データsimという贅沢な編成で旅行に行けます。

ただXperia XZsは古い機種。当時はハイエンドでバランスが良い機種だったはずだが、今考えると良い部分と悪い部分が見えてきます。

良い部分は、キャリアのハイエンド機ならではの重厚な機能。ワンセグもありますしおサイフケータイもあります。auの機能設定もずいぶん楽です。それでいて防水防塵です。Zenfone5Zより幅が狭いのもポイントです。私が必要な機能のほとんどが揃っています。

悪い部分は、数年前のハイエンド、とはいえ、未だ最強クラスの速度を誇るZenfone5Zに慣れていると遅く感じてしまうこと。意外と速度差があります。速度はスマートフォンで最高の機能ということをZenfone5Zで感じてしまった私には物足りません。それでもZenfone3よりは快適なんで文句はないのですが。次に顔認証がないこと。Zenfone5Zの顔認証は本当に快適なのでこれは痛いです。さらに指紋認証もZenfone3にすら劣るのも問題です。速度自体は同等なんですが、ミスが多すぎて・・・。やはり狭い側面だからでしょうか??

ただ、価格は1万円台前半。日本的スマートフォンが壊滅しつつある今、人気のシャープ製aquos sense2より、価格が安く、スピードも速いわけで、十分でしょう。秋冬もでるのsense3なら、ある程度対抗できるでしょうけど、ワンセグはついていません。外国製スマホも速度面やカメラは満足できても、ワンセグ、おサイフケータイ、防水が揃っているものは本当に少ないです(あるの??)。日本製もそうなってきています。その点Xperia XZのカメラを改良したマイナーチェンジモデルである、XZsは完成度が高い上、安価なので見つけたら買でしょう。もちろんバッテリーが劣化しているでしょうけど、ソニー製はそんなにヘビーユーザーが使い込んでいることは少ないですし、バッテリーに優しい充電機能も優秀なので大丈夫じゃないか?って感じています。数日使って若干バッテリーに不安がありますね・・・。その点では新品に劣ります。もっとも長期間使わないと割り切ればなんとかなるでしょう。

Yモバイルの会社用通話simが一枚余っている(端末を開封していないため)ので、Zenfone3か5Zに入れようか?と思ったのですが、SHF33というガラホが一台余っているので、これをSIMロック解除して、YモバイルのSIMを入れてみました。SIMロック解除はwebで簡単にできました。最初は動かなかったのですが、再起動させたら動きました。もちろん非常にエリアは狭いと思いますが、いざというとき用なので。いざというときにバッテリーのもちが良いガラケーは役に立つと思います。

あくまで4日の旅行と年末のスケジュールに合わせての編成なので限定的です。恐らく外出中に納品などというヘビーな作業も出てくるので、この編成で乗り切ろうと思います。