Zenfone3(5.5inch)の誤解とauのガラホSIM

auのガラホのSIMは、ずっと規制がかかっていていて他のスマホに刺せない・・・というより動かないと。ただカケホーダイプランでSHF33契約している私も、何度かau volte対応のZenfone3にSHF33のSIMを刺しても動かないことを確認している。ただそれはnano simなので2つ目のスロットでしか試していなかったことに気がついたのだ。そして今日、下駄を履かせて1つめのスロットに入れてみたら・・・見たことのないvolteマークがつきました。そしてダイヤルすると・・・かかりました。もう一枚はocnモバイルoneのデータsimなので間違いないと思います。

もちろんDSDSなので、ocnのほうはデータ通信できません。3Gでできるか?と思ったのですが、できません。まだ設定があるのかもしれませんが、二つ目のスロットはモバイル通信の設定ができません。ちなみにモバイルデータ通信を二つ目のスロットに選択すると、au volte自体が使えなくなります。

ちなみに設定とか何かいじると、すぐに使えなくなりますので(涙)本当に実用化できるか?若干不安です。またモバイル通信使えなければ意味がないですからね。スマートフォン・・・。モバイルルーターと併用できる場面で・・・ということでしょう。それほど仕事が忙しくないときにお試ししてみようと思います。これがうまくいったらZenFone5の購入に踏み切ろうと思います。

auのガラホSIMは、SHF33で使っていたカケホのものです。プランによってはまったく使えない可能性が高いです(制限のため)。あくまで私の環境の場合、ということです。

 

GRATINA 4G

auの最近の方針はかなりわかりにくい。マニアのためのものではないですが、普通に価格もわかりにくいですし、必要と思われるプランにも消極的です。まあ他社も似たり寄ったりなので、自分のキャリアに不満が溜まるのはどこも一緒なんでしょうけど。

SHF33を使っているのですが、このガラホというわれる携帯は特殊で、他の機種にこのSIMを差しても使えません。ガラホ専用プランのせいです。これは私もau volte対応のZenFone3に差して動かないことを確認済みです。しかしSHF33も老朽化してきて、何かあったら困るので何か代替機種を手元に置いておきたい・・・と思っていたら、じゃんぱらに、GRATINA 4Gの箱入りが。恐らく新品なんでしょう(シールも貼ってあった)。価格も1980円。いろいろあってこの機種って売りにくいんですよね・・・。でも私のようなガラホでVolte使っている人の予備端末としては最適です。ということで買ってしまいました。ブラックです。赤→緑と続いていたので久々にビジネス色です。

差し替えは簡単。SHF33でSDバックアップを取って、GRATINA 4Gへデータを復元。wifiの設定をしてwifiに接続してから(ここが重要)、電源を切ってSIMを入れ替えます。新品の携帯とはいえ、古いのでいきなりアップデート!!なんてこともありえますからね。アップデートはできるもはやってから、SIMを入れた方がいいでしょう。

SIMを入れたら設定です。私のように通話専用機として使っている人は速攻でモバイル通信を切ります。SHF33と違い、わかりにくいです。

無線・ネットワークを選択して、データ使用料を選択、モバイルデータのチェックを外します。これで携帯回線でネットを使わなくなります。

au volteのガラホは普通に使うと非常に割高です。またネットを使うにしても使いにくいですし、gmailも普通に使えません(これが一番痛い)。よって通話+SMSとして使うのが一番いいです。volteなので普通に音声キレイですし、スマホと違って実質音声のみのようなプランもできますので低価格で持ち続けられます。またwifiがあればネットも出来るので、いざというときにも使えます。キャリアはうまくユーザーにお金を使って欲しいので、誘導していますが、それに従う必要はありませんね。

SHF33からの乗換なので普通にGRATINA使いにくいです。仕方ないですね。音声は良くなるはずなのですが、元々音声が良かったSHF33からなのであまり変わりません。慣れていこうと思います。

最近のSHF33の使い道

SHF31が出たときは、すごいガラホ!!と思ったのですが、目の付け所がシャープなあの会社は、ほとんど性能アップも果たせず、2世代作り続けました。よってSHF33のネタってネットでも少ないのよね・・・。私もSHF31から乗り換えたものの、SHF31の頃、なぜこの機種が必要だったか?ということを顧みれば、SHF33は今必要な機種ではないのです。

なぜなら、スマートフォンのバッテリーが改善されたことが大きいです。まだまだSHF33は有利ですが、それはSHF33を通話くらいにしか使わないからです。価格も高いSHF33を買う理由は少ないです。またプランも高いです。

あと、SIMフリースマホの普及や、各種サービスの拡充です。OCNモバイルONEなどでも10分通話無料の固定サービスが発表となり、キャリアのサービスとの差は更に少なくなりました。また格安SIMのほうが優れたサービスも投入してきているのです。またガラケータイプのSIMフリースマホや、単機能に絞ったYahoo!モバイルのSimplyなど低価格機も登場しています。イマサラ高額でスペックの劣るSHF33は魅力が薄いのです。

でも買ってしまった私。1年経ちますがまあ音声の良いSHF31として使っています。防水なのである程度乱暴に使えますし、通話音声は良好でもちやすいです。ただ、普通のプランだと高すぎるので、メールやネット関連は全て切って電話とSMSだけ使っています。もちろん話し放題です。ポイントは10秒程度でスマート留守電に転送すること。有料ですが、文字で留守電内容をメール等で知らせてくれるので便利です。もちろん誤変換いっぱいですが、十分内容は伝わります。メールは、スマホやパソコンに転送しているので特に問題はありません。auのカケホは、OCNや楽天のものと異なり転送電話でも無料になります。スマート留守電の固定費はありますが、利便性を考えれば非常に有効です。050plusの留守電から乗り換えました。

この使い道に辿り着いた背景に、ASUSのZenFone3(大きい方)の導入が大きかったです。この恐ろしく多機能な中級機はバッテリーも保ちますし、重量もほどほど、電話をかけなければ、言うこと無しです(あと防水は欲しい)。SHF33は、SUICAやEdyなどのおサイフケータイ機能や、ワンセグが使えるのでうまく補完しています。

今後を考えると軽量で低価格なガラケーが欲しいですが、auには期待できないしな。ということでしばらくはこのままで行こうと思います。

SIMフリーのガラケーSH-N01(シャープ)

ビックカメラの店頭にあったので触ってきました。

SHF31~33を触ったことがある人なら簡単に操作できます。タッチクルーザーも健在です。シャープのこのシリーズは、au版が一番高機能で、ドコモ版がちょっと残念。そして・・・廉価にしたSH-N01はどうなの??と思ったのですが、販売価格も高く、なんだかな~と思ったのですが、それは杞憂でした。

なんと、PCメールのアカウントを設定できるのです(※au版はできない・・・)!!!!メーカーのよくあるご質問にきちんと書いてあります。プロバイダ情報がいくつかプリセットされていますが、それ以外でも大丈夫そうです。SHFシリーズでもなんとかならないかな~。

普通にVolteにも対応ですし、でかレシーバーも一応搭載。プレフィックス付加機能もあるので、楽天電話などで低価格の通話サービスも利用可能ときている。もちろん耐衝撃・防水・防塵。au版と異なりワンプッシュオープンもついていますし、クイック起動キーが地味に便利です。

SHFシリーズを使っていてもいいな~と思えてしまう出来です。もちろんLineはできませんし、アプリインストールもできないので使う人を選びますし、実売価格が異常に高いので(普通に実用的なスマホを買えてしまう価格には閉口)買うには、それなりの目的が必要と思いますが、格安SIMで運用するなら安価に維持できますし、需要はあるのかな~と感じます。

それを考えるとJCOMのLG Wine Smartは非常に良くできた端末だな~と感じてしまいますね。12ヶ月月額980円(条件あり)ですし、普通にアプリをインストールできますからね・・・。

 

 

SHF33に慣れてきた

SHF33とSHF31ではタッチクルーザーEXの反応がまったく違うのが悩みの種。意外と細かいところがよくなっているのにここはね・・・。私なりに工夫をしてみたのですが、

・ちょっと長めに指を止めてみる。

・ちょっと長めに指を止めて画面上方に向けて指を離してみる

の順にうまくいくようです。今ではだいぶ慣れました。まあ、SHF33から使った人は関係ない技術なのかもしれませんが・・・。

そういえば、メールのプレビューが便利ですね、SHF33。おかげでメールを開かなくてもほとんど読めます。しかし・・・目の付け所がシャープはやっぱり違います。ここでスクロールがタッチクルーザーEXでできれば長文も快適なんですが・・・なんとオリジナルな機能なのにタチクル未対応・・・。なんかちぐはぐなんですよね。日本のこの手の商品。iPhoneを見るまでもなく、中国勢、台湾勢、韓国勢などアジア圏の国々に比べ遅れをとっている理由がひしひしと・・・・。

正直、今となっては割高なSHF33です。2台持ちならauは捨ててほかのキャリアのほうがよさそうですし。でも2台持ちでも、もう一台のスマホが電池切れ、もしくは家に忘れてしまった・・・というときに、最低限のことができ、電池の持ちがよいSHF33は私にとっては手放せない端末です。これの相方のスマホは何にすべきか悩みます。本来ならペンが使えるGalaxy Note系が相性がいいのでしょうけど、ちょっと今はね・・・。

auのガラホAQUOS Kの新型「SHF33」発表!!

私の愛用しているガラホのSHF31の後継の後継のSHF33が発表になりました!!

SHF32では実質通信方式(VoLTE)だけの変更だったのですが、今回はフルモデルチェンジです。

まずタコだったカメラが大幅にパワーアップ。逆光に強くなり暗いところで移しやすくなる・・・シャープは欠点をきちんと理解していたのでしょう。ピントと手ぶれの部分は慣れとしても、現在のスマホ内蔵カメラでは見劣りしていましたからね。

次にあのエモパーが搭載。個人的にはいらん!!です。でもサブディスプレイが背面にあるAQUOS Kなので意外と使えるかも??と思ったら音声認識が非対応らしいですね・・・。そのかわり「どこから電話 for au」を搭載。アプリ側のブラックリストに登録された電話番号と着信番号を照合し自動的に拒否が可能で、注意が必要な番号は画面で警告してくれるらしい。年配者にも安心ですが、商売で利用している携帯電話でも非常に有効な機能になりそうです。

待ち受け画面にショートカットアイコンが作れるのは非常にいいですね。いままで作れなかったのが謎ですが。日本語変換S-Shoinも変換候補数を約3倍に増やしたそうです。

防水・防塵・耐衝撃に対応。更に強くなりました。内容的にあまり進化していないのが残念です。Eメールだけでもキャリアメールに対応してほしかったな・・・。でも後継機がでて安心しました。そろそろ買い換えたいくらい痛んできたのでね。色が3色で赤系がなくなったのは残念だけど、3色ともいい感じです。

シャープは意外とこの機種をかわいがっているのか?ユーザーからの不満をうまく吸い上げ改善しています。目の付け所がシャープすぎるのが欠点といわれましたが、AQUOS Kには無縁だったようです。従来から電池のもちもいいし、フルブラウザが使えて、軽快なこの機種は、しろなまずは応援し続けます♪