SEIN木造オプション販売キャンペーン延長!!

はい。あっさり12月25日まで延長です。ネットの情報によるとセミナー自体は大好評だったけど、肝心の新商品のアピールはうまくいっていなかったみたいですからね。

設計思想として、RCやSと同じ操作方法で木造も実現!!というのはいいと思うのですが、なぜ今までできていなかったのか?がわかっていないようです。木造の構造計算は意匠屋さんなどと兼業な人が多いのに対し、RC造やS造は構造専業が多いのです。そのため木造ではよりユーザーフレンドリーな操作性が求められ、やや過保護すぎるソフトも発売されています。過保護すぎても使えない人はいるわけで、今後も改善が進むと思います。一方RC造やS造は、昔に比べればはるかに扱いやすくなってきていますが、まだまだ業務用ソフトの域を脱していません。これはSEINも同様で、むしろ遅れています。そのためせっかくな設計思想も、ただ難しいソフト、と木造の潜在ユーザーには取られてしまったのではないか?と思います。

もっともSEINを使っている構造屋さんからは、逆に敷居が低いと言え、オプションとして販売した意味がでてきます。SS7やBUSやBUILD.一貫がいかにいいとはいえ、木造はできませんから、S・RC造の構造計算ソフトとしての訴求力にもなりますからね。堅実に既存ユーザーに浸透し、新規のS・RC造ユーザーを獲得するためのプラス要素であるのは間違いありません。確かに私もSEINユーザーでなければ、購入は考えなかったかもしれません(いいかげん・・・)。

今日も、kizukuriユーザーからHOUSE-ST1への乗換相談が2件ありました。木造の構造計算ソフトへの新規購入や、乗換など皆さんいろいろと考えているようです。私もWOOD-STを早く実戦に投入したいものです(既に一棟は検討に使った)が、やっぱり簡単なST1を使ってしまいますね。普通の場合は・・・。

3種の46条2項ルートの木造構造計算ソフトの対応規模

どうやら予定通り?WOOD-STもSEIN木造も11月に発売されるようですが、これでASTIMと3種類の選択肢ができます。その機能などは追々紹介していくとして、今回は、その対応規模について。

構造計算ソフトは通常、対応する規模など制限があります。木造だとグリッド数、RC造なら階数などが多いですね。では、この3本はどうでしょう??

まず、ASTIM。グリッドにとらわれず自由な形状を入力できるのがウリだけあって、建物規模などは無制限です。パソコンの性能に依存するようです。規模的に巨大なものをやることがある設計者はASTIMは安心ですね。

つぎはWOOD-ST。こちらは入力しやすくわかりやすいグリッド形式。最大150×150グリッドです。階数の制限は3階。4階建てはできないことは要注意です。スキップフロアは各階1層ずつです。わかりやすく入力しやすいですが、そのぶん制限は多いです。

最後は、SEIN木造。こちらはSEINのオプションなので、SEINのグレードによって制限を受けます。フルバージョンは無制限です。CEは柱600部材、梁1200部材、LEは柱200部材、梁400部材です。S造などではLEでもかなり大きな建物ができますが、部材数が多い木造ではLEはかなり厳しい制限といえます。ちょっと大きめな建物をやるにはCE以上が必須と考えます(リリース前なのでこの制限が木造に適用されるか???今後変更があるか?は不明です)。

任意形状系との違いは、計算書としての体裁が整うことでしょう。たぶん、FAP-3とMED-3でも同じ事はできますが、あくまでそのインプットとアウトプットの出力は出ても、建物としての一貫した計算書は作れません。その意味では3ソフトとも十分省力化は可能です。あとはやりたいことと操作性と価格で選んでいけばいいと思います。