ポメラはどれが良いか?もう一度考える

今年は、小説などを書く機会が多いので、ポメラを多用しています。私が持っているのは初代機とDM100です。初代機はもう引退させているのでDM100が100%ですね。DM100はモバイルギアを彷彿とさせるデザインが好きです。単三電池2本で動き、打ちやすいキーボードが売りです。またbluetoothを搭載していて、スマホのキーボードにもなるし、スマホやパソコンに文章を送ることもできます。意外と完成品じゃあないでしょうか??

さて後継機は2機種。DM200は、DM100の漢字変換が悪すぎるので出たんだと思います。ATOKがやっとATOKらしく変換してくれるので、これはこれで便利かと。ただ、パソコン版に比べれば機能が制限されるし、そのATOKを搭載するために行った改良が果たして良かったのか?がこの機種を評価する最大のポイントではないでしょうか??

まず重量が重くなり、乾電池が使えなくなった。充電はモバイルバッテリーでもできるので、それはそれでいいのですが、DM100ほど長年使い続けられるか?は疑問です。DM100って本当に軽いからちょっと落としたくらいではあまり傷がつかないのですが、DM200って手で持ったとき重いな~と感じるのでDM100ほど気軽に持ち運べないような気がします。そして価格も思いっきり上がっていますからね・・・。DM200。賢い変換のATOKは魅力的ですが、そこまで・・・と思います。実際、他のパワーユーザーを見ていても変換の悪さを補うだけの技量があります。正直最近の日本語変換は頭を悪くしますね。予測変換などは特に。普通に文章を書くだけならDM100レベルで十分かと思います。日曜日に自作の漫画を小説化する作業を行ったのですが、5時間で2万字くらい入力しましたが、特に不満はないし、一太郎に転送して文章校正しても、それほど誤字脱字や用法違いはなかったです。まあ技術書を書く場合は大変かもしれないです。そういった場合は迷わずノートパソコンで作業しますね、私の場合・・・。

 

DM30は悩むまでもなかったです。DM100とDM10を比べたとき、圧倒的に信頼感のあるキーボードはやはり折りたたみではできないのだと。もちろんDM10に比べたらいいんだけど。DM30の不満は価格が割高なのに日本語変換がDM100相当だということ。また重量も意外と重くなっていてずっしりきました。

そんなわけで、DM200はもしDM100が駄目になったら考えるけど、DM30はパスかな?

 

文章入力マシンを考える

ブログやマニュアル、小説などを書くのは、すでにパソコンが主流になってから久しいです。ワープロ専用機がなくなってからも、モバイルギアなやポメラなどが出ましたが若干の流行はあったものの主流にはなりませんでした。

出先で手軽に文字だけでも入力したいという需要はあると思います。ポメラはその穴をうまく埋めました。私も初代とDM100を使っていました。しかしそれだけでこなせるマシンではないです。私の理想はモバイルギアのような簡易なOSを搭載したマシンです。事実私の文筆マシンでは一番長寿でした(R520)。標準の文字入力はあまり賢くなかったのですが、ATOKをインストールできたので補えました。フリーソフトもある程度ありました。PHSカードも入れられたので通信もできました。意外なことに、今この程度のことができる小型のマシンは異常に少ないです。最近出荷されたクラウドファンディングで話題になったGemini PDAはその需要をある程度満たした数少ないマシンでしたが小型化によりキーボードが若干犠牲になった感があります。

手の大きさ、相性もあるのでしょうけど、今その条件を満たすマシンは、Let’s noteのRZシリーズでしょう。普通にパソコンとして使うには小さすぎるディスプレイですが、キーボードがしっかりしていて文章を打つのに最適です。13インチと異なり、電車や狭い喫茶店などでも幅的に邪魔にならず、キーボードの音も割合静かです。バッテリーも省電力にすれば及第点です。もちろんフルバージョンのパソコンなので、一太郎のような文章構成機能がついたワープロやATOKなどの変換ソフトも使えます。個人的にはモバイルギアなどのように横長ディスプレイにして欲しい所ですが、まあ大きさ的にギリギリ及第点です。難点は価格ですが、いざとなれば構造計算やCADも難なくこなしてくれるので文章入力マシンとノートパソコンとみればいいかな?と思います。私のRZ5は格安SIMも使えるので、ネット認証やメールやSNS、ブログ掲載などでも単体で出来るのがいいですね。Let’s note系はSDカードやネットワーク端子、ディスプレイ端子を過不足なく搭載していますし、バッテリー交換も購入で簡単にできるので理想的です。

まあ何でも出来るイコール中途半端になりやすいです。実際、ある程度の性能があるからこそのディスプレイの小ささはいかんともし難いです。パソコンとしたら13インチ程度で軽量なパソコンいっぱいありますからね。しかもLet’s noteの半値程度で買えますし。

MBAのようなバランスの良いノートパソコンが売れているのも理解できます。ただとんがったマシンは楽しいです。選ぶ過程も楽しいです。そのようなものをメーカーが共有し続けてくれることを願っています。

新型ポメラDM200を買うべきか?

ポメラはすでに2台目のDM100を購入してからかなり経ちました。

DM100の欠点は「変換がお馬鹿すぎる」に尽きると思います。まあ松茸の頃からのFEPユーザーなので長文打って変換!なんてしないのでなんとかなるのですが(汗)。

でもやっぱり頭が良い方がいいよね・・・ということと、無線LAN搭載でアップが楽(ブログ直接書き込みは無理)、私のノートパソコン(Lavie Z)の耐用年数が迫っていることもあり、ノートパソコンを退陣させれば外出機をポメラとタブレットというのもアリなので検討に値します。

もっとも一太郎2016は文章構成機能が優秀で、ATOKもポメラより絶対優秀です。なので、軽量ノート+一太郎2016という組み合わせでバッテリーがもち、安価で軽量ならそれのほうがいいかもしれません。

今のところ引っかかっているのはDM100よりかなり重いこと。画面がかなり良くなったとはいえ、上下600ドットは変わらないのに140gも重くなっています。バッテリーのもちも悪くなりそうです。そのかわりモバイルバッテリーが使えますが。

うん・・・イマイチパンチ力がないというか・・・もちろんキングジムの強気な価格設定も気になりますし。DM100はまだ使えるので・・・見送りかな?やっぱりノートパソコンのほうがいいか・・・

 

ポメラの後継機 DM200登場!!

あの伝説のテキスト入力端末「ポメラ」。後継機が全く出ないのでモバイルギアの二の舞・・・と思っていたのですがついに発表です。「ポメラDM200」です。10月21日発売です。価格は49800円・・・かわいくない価格です。

ただし、標準でWi-Fi搭載です。既存ユーザーでほしかった人いるんでしょうかね。でもあれば確かに便利。何よりも普通のIMEよりもお馬鹿とささやかれていたポメラ用のATOKが、従来機種よりも格段に変換機能が向上したそうです。ポメラの最大の懸案事項ですからね・・・。こちらは期待大です!!

価格が一気に倍くらいになったので他にもパワーアップしているかもしれません。速報だけでブログ書いていますが楽しみです。

PCwatch記事

夕方記事を確認したら残念な内容が・・・

wifiついたのはいいけど、バッテリーはリチウムイオンだとさ。乾電池の手軽さ、常用じゃないので充電しないでいざというとき使う、といった私の使い方だといざというときつらいです。モバイルバッテリーで充電できれば解決できるのですがいかに?それと重量が580g・・・。わたしのDM100は399gなので、100g以上の増量です。DM100はギリギリ持ち運べると思ったのに・・・軽量ノートパソコンを持ち歩き、それを持って行けない場合にポメラ・・・という私には非常につらいですねえ。

もちろん良い部分もあります。悪評高いディスプレイも解像度を含め大幅にレベルアップしていること。ATOKの向上は少しでも魅力的。DM100の予備機を買うか?DM200の価格が下がる頃買うのか??悩みどころです。