長期旅行に備えて通信網を整備

長期といっても三泊四日なんですが(汗)。しかし平日2日を含む旅行なんてこの20年(つまり社会人になって)やったことはない。そこで通信網をもう一度見直して外出先で仕事をできるようにしてみました。

まず auのプランをauデータMAXプランへ。かなり高いプランだが、スマホを使っている限り無制限で使え、テザリングでも 20GBは使える。これでPDFなどの重いデータのやりとりも心配なくなりました。

次に、その運用端末。通常はZenFone5Zを使って万が一のときはZenFone3という運用体制。この両機はauでもdocomoでもsoftbankでも使えるので重宝します。いざというとき人のSIMを使えたり、逆に端末を貸すこともできます。が、おサイフケータイでもないし、防水でもない。またauのアプリ類を使えなかったりするので、一台au機が欲しいな~と思ったところ、Xperia XZsを安価で入手できたので、こちらにauのsimを刺すことに。通常はauの通話し放題SIMとocnモバイルoneとのdsdvなのだが、今回は期間限定可もしれないがauデータMAXプランなので一枚でOKなのだ。これは運用上制約が少なくて良く、128GBのSDを刺せば、ZenFone5Z並みの運用が出来るはずだ・・・・。ということです。

 これで、ZenFone5Zはocnモバイルone一枚差し+SDカード。Let’s noteは楽天データsimという贅沢な編成で旅行に行けます。

ただXperia XZsは古い機種。当時はハイエンドでバランスが良い機種だったはずだが、今考えると良い部分と悪い部分が見えてきます。

良い部分は、キャリアのハイエンド機ならではの重厚な機能。ワンセグもありますしおサイフケータイもあります。auの機能設定もずいぶん楽です。それでいて防水防塵です。Zenfone5Zより幅が狭いのもポイントです。私が必要な機能のほとんどが揃っています。

悪い部分は、数年前のハイエンド、とはいえ、未だ最強クラスの速度を誇るZenfone5Zに慣れていると遅く感じてしまうこと。意外と速度差があります。速度はスマートフォンで最高の機能ということをZenfone5Zで感じてしまった私には物足りません。それでもZenfone3よりは快適なんで文句はないのですが。次に顔認証がないこと。Zenfone5Zの顔認証は本当に快適なのでこれは痛いです。さらに指紋認証もZenfone3にすら劣るのも問題です。速度自体は同等なんですが、ミスが多すぎて・・・。やはり狭い側面だからでしょうか??

ただ、価格は1万円台前半。日本的スマートフォンが壊滅しつつある今、人気のシャープ製aquos sense2より、価格が安く、スピードも速いわけで、十分でしょう。秋冬もでるのsense3なら、ある程度対抗できるでしょうけど、ワンセグはついていません。外国製スマホも速度面やカメラは満足できても、ワンセグ、おサイフケータイ、防水が揃っているものは本当に少ないです(あるの??)。日本製もそうなってきています。その点Xperia XZのカメラを改良したマイナーチェンジモデルである、XZsは完成度が高い上、安価なので見つけたら買でしょう。もちろんバッテリーが劣化しているでしょうけど、ソニー製はそんなにヘビーユーザーが使い込んでいることは少ないですし、バッテリーに優しい充電機能も優秀なので大丈夫じゃないか?って感じています。数日使って若干バッテリーに不安がありますね・・・。その点では新品に劣ります。もっとも長期間使わないと割り切ればなんとかなるでしょう。

Yモバイルの会社用通話simが一枚余っている(端末を開封していないため)ので、Zenfone3か5Zに入れようか?と思ったのですが、SHF33というガラホが一台余っているので、これをSIMロック解除して、YモバイルのSIMを入れてみました。SIMロック解除はwebで簡単にできました。最初は動かなかったのですが、再起動させたら動きました。もちろん非常にエリアは狭いと思いますが、いざというとき用なので。いざというときにバッテリーのもちが良いガラケーは役に立つと思います。

あくまで4日の旅行と年末のスケジュールに合わせての編成なので限定的です。恐らく外出中に納品などというヘビーな作業も出てくるので、この編成で乗り切ろうと思います。

au simをSIMフリー端末に差しデータ通信

au のsimはドコモと異なり複雑です。まあ普通に契約して使えばいいのですが私のようにsimフリー端末を駆使したい場合は事情が異なります。

auのガラホSIM契約を通常のスマホ契約にするのは非常に面倒でした。月中での変更は無理で、手続きした翌月に更新されます。なので8月1日になって確認するしか分かりませんでした。ただau内の手続き方法も複数あるので、すべてのパターンが私のようになるとは限りません。ちなみにsim自体は交換しないで済みました。ちょっと不思議な感じです。

で、8月1日になり、制限を食らうまで使っていたZenfone5Zに差します。これで通話はできます。ただ今回はパケット通信もついているプラン(新auピタットプラン)なので、通信の設定をしなければなりません。以前だとLTE NET for DATAを月500円かけて契約するか・・・という手段を使って・・・ということでしたが、7月からこの制度が廃止となり、SIMフリースマートフォンでもLTE NETを利用できるようになりました。これは大きいです。ホームページに書いてある設定をすれば、簡単にZenfone5Zでネット通信ができるようになりました。auは改善も改悪もコロコロ、しかもわかりにくくやってくれるので困ります。まあ他の通信会社も同じような気もしますが。

さて、Zenfone5ZはDSDVなので、auの通話SIMを差してVolteしても他社のSIMをさせて使えます。手元にY!mobile通話SIMとOCNモバイルONEと楽天モバイルのデータSIMがありますが、どれも使えました!!便利な時代になったものです。ちなみにY!mobileのLINE登録のSIMを抜いてauの通話SIMを差したところ、LINEの番号認証は必要ですが、特に手続きもなく継続してLINEを使い続けることができます。まあ、その必要がある人は少ないでしょうけど。

さて、運用はau SIMにOCNモバイルONEを組み合わせます。この組み合わせだと万が一auが使用不能な場合でもドコモ系の通信もできますし、いざというとき050plusで電話をかけることができるので、実質2回線使用できます。050plusの留守電はメールで伝えてくれるので重宝します。またOCNモバイルONEの一日のパケットを使い切ったときのみauのパケットを保険代わりに使えます。もっともauのほうが高速で使いたくなります。ただ1GBを超えると一気に1500円も上がる(注:契約による)ので注意です。まあ、この速度だとキャリアの回線を使うのはお金の無駄という感じはしません。考え方は人それぞれです。

それにしてもDSDVは便利なだけでなく、BCP・防災面でも有効です。キャリア端末で投入は難しいとは思いますが、本当は販売して欲しいところです。

GRATINA KYF39

2019年の夏モデルが出始めましたね。auからはガラケー(ガラホ)のGRATINA KYF39がでます。このモデルの前モデルのKYF37は異色の仕事用ガラケーでした。誰も期待していなかった(失礼)機種でしたが、「あとから録音」が便利過ぎました。通話が終わった後に、録音を残すかどうかを判断できるというもの。滅茶滅茶仕事で便利ですね。PCメールがデフォルトで使えるようになったことも良かったです(普通にマニュアルに載っています。アピールしないのが不思議)。もちろん防水防塵である程度の頑丈さを備えおサイフケータイもワンセグも内蔵しているオールインワンぶりが魅力的でした。

さて、KYF39になって何が変わったか??本体形状を多少ブラッシュアップして、USB Type-Cに対応しました。これは地味に大きいと思いませんか?LINEが使えるほか+メッセージに対応しました。今のところキャリアのみ対応なわけで、これはガラケー派からすると大きなアドバンテージになりそうです。従来不安が残っていた機能ロックも細かくなりました。惜しむらくは指紋認証でないところですが、価格を考えれば仕方がありません。ちなみに、ワンセグやおサイフケータイが削られたので、TYPE-Cや+メッセージが不要な方はKYF37で十分かもしれません。Premiumバージョンを用意し生体認証をぜひ実装して欲しいところです。

auは3機種発表!!Galaxy Note8 SCV37ついに発表!!

auは3機種スマートフォンを発表。新型iPhoneが発表されたばかりですが、それに見劣りしない3機種を出してきました。まあ注目されるかどうか?は疑問ですが。

シャープのAQUOS senseは5型の格安機。他の二機種との価格差は歴然!!それでもフルHDのIGZOディスプレイ、指紋センサー、防水防塵、おサイフケータイと押さえ方がシャープとは思えない??です。重量も150g以下に抑え、十分価格競争力以外にも要注目の機種です。

ソニーのXperia XZ1 SOV36は、高級機。カメラが強化され、先読み撮影や960fpsのスーパースローモーション撮影など魅力的。個人的には960fpsだけでも購入したいと思えます。5.2インチ、156gと大きさを抑えて、スペックも高め。防水防塵、ワンセグフルセグ、おサイフケータイ、指紋認証など一通り押さえています。

この優秀な二機種が霞むほど、Galaxy Note8 SCV37はインパクトがあります。もう日本ではNoteは拝めないと思っていました(まあアノ件がありましたからね)。ペンが使えるGalaxy Noteの新顔です。日本では根強いファンがいながら、ここ数年新機種が・・・という状態が続いていましたが、ついにauで登場!!Sペンは言うまでも無く便利ですし、ペンも防水防塵を実現。ディスプレイは6.3型の縦長の有機EL。細めのデザインはいいですね。もちやすいし。カメラもデュアルで、光学手ぶれ補正は両方に搭載されています。セキュリティも虹彩、顔、指紋と3つサポート。おサイフケータイ、ワンセグフルセグもサポートしています。

さすがにこれだけ充実したので重さは190gと恐竜級。まあメモを持ち歩かなくていいなら、これは納得です。恐らく紙の手帳は本当に不要です。

問題があるといえば、Xperiaを凌ぐ高額機だということ。毎月割りで2475円ですからね。Xperiaが1890円なのに。それを考えるとAQUOS senseの675円は脅威ですねえ・・・。とはいえ、唯一無二のGalaxy Note8ですから価格は関係ないのかもしれません。