GLOOBE2018発表

福井コンピュータアーキテクト株式会社の国産BIMのGLOOBEの最新バージョンが発表になりました。GLOOBE2018です。

FMへ大きな舵を切ったその方向性はこのバージョンでも同様で、GLOOBE Model Viewerという手軽なビューアの導入(ビューア自体は無料!)により施主や維持管理業者は手軽に建物を確認できるわけです。もっともBIM上の出力には年会費制のオプションが必要で、そのあたりも福井は抜かりがない。同様に最近流行のVRを実現するGLOOBE VR Ver2.0もリリース。年額42万円という高額で普通の設計事務所には縁がないものの、将来への活用が見えてきています。

さて、単体の魅力もアップしています。まずプレカットCADデータの読み込みが可能になりました。CDEXM形式なので汎用性もあります。意匠設計と合わせて利用・保存すれば、竣工レベルのデータとして将来にわたって活用できます。これは非常に良いことで、設計後のプレカットの変更を簡単に反映でき、リフォームなどにも活用できるでしょう。もちろん木造対応がより充実することが予感できる機能搭載であり、今後の木造展開にも期待できます。もっともアーキトレンドとの棲み分けを考えなくてはならない時期が福井にも、そろそろ来るのかもしれません。

個人的にIFC読み込みの拡張には期待したいところです。フォトモンタージュを搭載したこと、モデル内で繰り返し使う要素をモジュール化できること、デザイン比較機能が搭載されたことなど、BIMとしての機能アップと言うより、あらたな用途を考えたくなるような機能を搭載したバージョンといえます。

最近のARCHICADやREVITの動きを見ると、GLOOBEの独自性がガラパゴスにならないか、ちょっとだけ心配です。個人的に大不満な動作のもっさり感、他メーカーソフトの連携の改善、などまだまだ課題もあると思います。が、基本機能の充実、普及に対する姿勢、価格のお値頃感、オプションプログラムの充実、などシェア拡大の可能性は秘めているといえます。とっつきにくさは、BIM共通ですが、講習会とかの手段以外で効率的に学べるシステムがあれば、一気に・・・と思うのは私だけでしょうか???

 

wallstat Ver3.3.8

木造住宅倒壊解析ソフトウェアwallstatは、中川貴文氏の開発したソフトウェア(中川氏はしろなまずと同い年)で、最近、いろいろなところで取り上げられているので有名になってきましたね。特にソフトウェアの連携が相次ぎました。木造耐震診断ソフトを始め、プレカットのシーデクセマ(CEDXM)ファイルの読み込みが可能となったりして、kizukuriの最新バージョンなどのようにCEDXMを書き出せるものであれば、入力手間が減るようになりました。アーキトレンドZEROの次期バージョンにも変換がつくようですので、一気に活用する人が増えてくると思います。しかしながら、解析ソフトなのでパラメーターなどは自分で設定しなければなりません。入れてパッと振動アニメーションができる代物ではないのです。ダウンロードして使えない・・・という人が多いのも頷けます。

開発者もその当たりは憂慮しているようで、上記連携のほかに、wallstat studioというCADライクに入力出来るソフトを開発しています。このソフトは比較的使いやすいのですが、出来ることも限られます。最近少しずつ安定してきましたが、これだけで何とかなるものではありません。ネット上に情報が少ないこともあり、意外と活用している人は少ないのかもしれません。

(クリックで拡大)柱や筋かいなどは、CADライクに入力できます。

5月に更新されたVer3.3.8はCEDXM系の修正がメインです。水平構面の自動生成機能が追加されて、パラメーターの設定が少し楽になりましたね。依然として建物の荷重などどうよ?と言われてしまうと厳しいのですが(・・・)、構造設計者ならある程度自力で解決できそうな気もします。

(クリックで拡大)熊本地震の益城町などの最新データもあって興味深いですね。

某設計事務所でも夏のイベント向けにデータを作り始めているみたいですが、実用的なデータとなると意外と時間がかかりそうです。

アーキトレンドZERO構造計算の短期めり込みの検討

福井コンピュータのARCHITREND ZEROは住宅系CADとして非常に高いシェアを持っていますが、その構造計算ソフトも侮れません。個人的に好きなソフトの一つです。メーカーのサポートも手厚いので私の所に質問が来ることはほとんどないのですが、久々なのでブログで回答。

くどいくらい短期めり込みの記事を書いているのですが、当たり前のようにアーキトレンドZERO構造計算でも可能です。しかし初期設定は短期はしないになっているので、設定-初期設定で変更する必要があります。Ver3ならこんな感じ。

(クリックで拡大)

わかりにくいのですが、計算条件(方針)の右側中断にめり込みの設定があります。それをクリックすると出てきます。土台、梁ともに検討が必要ですし、もちろん短期積雪時、水平力作用時も含むでOKです。ユーザーに寄ってはほぞ面積を指定してないことも多いので、ほぞ面積はきちんと設定しましょう。個人的には30×90くらいが普通かと。あと参考の数値も目を光らせましょうね・・・・。

何気に便利になった、ARCHITREND ZERO Ver2の木造構造計算

忙しすぎて、ARCHITREND ZEROをせっかくアップさせたのに、本日まで触れませんでした。今回はマイナーバージョンアップなので・・・と思って期待していなかった構造図・構造計算がらみが改善されていてびっくりです。

まず、基礎梁の鉄筋が、異種の組み合わせ(D13+D16とか)が可能になりました。計算も布基礎の属性も。意外と節約になりますので修正して使っていましたがデフォルトでできるようになったのはいいですね。基礎伏図は人通口の名前が使え、計算でも人通口のシンボルが追加されました。基礎個別計算でも人通口の補強検討が可能になりました。地耐力などの仕様材料表・凡例を配置できるようになったのもいいですね。

計算ではテックワンP3プラスのような10倍などの設定ができるようになったようです。特別な場合も珍しくなくなってきたのでありがたいです。PH階の固有周期も改良されて普通に使えるようになりました。意外と見落としがちなので助かります。

派手な改良はなくても利用者目線での改良はユーザーの心を掴みます。意外なところに穴が多かった構造図・木造構造計算機能もかなり安心して使えるようになったようです。

ARCHITREND ZERO Ver2リリース

予定通り1月20日にリリースされたそうです。バージョンアップはまだのようですけど、HPが更新されています。

ARCHITREND ZERO Ver2

より表現力がアップし、操作性の改善なども進んでいます。

個人的には外皮計算の完成度が高まったことがうれしいところでしょうか?

従来の外皮計算は整形の建物は簡単な反面、ちょっと屋根・天井が複雑になると・・・というところがあり、特に斜線が厳しい地区での設計で面倒だったのですが、屋根断熱の自動配置を強化しているというので、ここに期待です。立面の根拠図なども非常にスッキリしており、この部分は他社に対してリードしたのではないでしょうか?

構造面ではあまり目立った改善はなさそうなのが残念ですが、十分使えるシステムになっているので次回に期待です。金物工法の計算は非常に楽ですし、スキップフロアの伏図・パースの作成もできるので、納まりの検討がしやすくていいですね。

何よりもユーザーが多いパーススタジオP-Styleに手を加えてくれたことが最大の目玉ではないでしょうか?こればっかりは触ってみないとなんともいえないので期待が先行してしまいますね。

まずは、本体が届くのを待つことにしましょう。

 

ARCHITREND ZERO Ver2(2016年1月20日発売)

だそうです。

あっという間ですね。一年なんてのは。作っている方、売っている方もそうだと思いますがユーザーも同様です。

うれしいのがP-styleの機能アップです。十分!といえば十分だったのですが、意外にも飽きてきます(涙)。ZEROを使っているユーザーでも使用率が高いプログラムなので楽しみですね。

確認申請チェックなんて機能がパワーアップしたところみると、設計者の技量が住宅などでは非常に下がっていることが懸念されます。確かにハウスビルダーさんの設計担当は法チェックを含め未熟さを感じるケースが増えているといいます。それは外注先も同じです。基本的な能力を上げて対応したいところですが、このようなプログラムでなんとかなるなら・・・正直複雑です。

面白いのが、部屋入力と同時に柱壁、仕上げデータを配置する機能が追加されたこと。これは他社でやっている会社さんありますね。頑なにアーキトレンド系はしませんでしたが・・・直感的といえば直感的なのかな??

不安なのが、2016年春に3Dカタログサイトの公開(ここは楽しみ)、2016年夏にはこのシミュレーション結果をダイレクト連携(・・・)可能なZEROの新版が発売されるということです。なんとなく嫌な予感・・・まあ、楽しみに待ちましょう。

ARCHITREND ZERO 2015 R2

はいリリースされました。つまり積み残しが多かったということでしょうか>ZERO。

目玉は外皮性能計算の図面自動作成機能です。まあとりあえず搭載した!というレベルですが、元データをきちんと作り込めばほぼ問題がない(=手直しが必要無い)データを作ることができます。

ようやく一応の完成を見た省エネ計算ですが、新設計で望んだだけあった操作性など飛躍的にアップしてユーザーは恩恵を受けられます。恐らく始めからビジョンがあったのでしょうね。ビジョンなき積み残しは非常にやっかいですから。

さてもう一つの目玉は、TREND CAの機能アップ。正直今まではPilotの機能のうち積み残しもあったのですが、今回のアップでウィザードが作り込まれたため地味に使い勝手が向上しました。正直Pilotは使う気になれなかったのですが(・・・)TREND CAは使い出がありますね。一気に書類系が同時に作れるのは便利です。必要事項を全部準備しておけば、本当に短時間に書類作成をミス無く作れるようになりました。現在社内で書類調整及び講習中です。

Windows10にも対応し、これで安心して使えますね。今年は開発陣は本当に大変だったと思います。お疲れ様・・・といっている間に次のバージョンも・・・期待しています!

ARCHITREND ZERO 2015R2

8月25日発売だそうです。Windows10対応がメインです。福井さんは新OSに関して神経質で、発売日以降に正式対応を表明します。実際そこまでシビアなのかはわかりませんが、慎重なのは良いことです。

さて、新OS対応以外の目玉といえば、H25基準の省エネ計算機能の強化です。図面の自動作成機能を強化して、よりスピーディーに書類を作成できるようになります。方位毎の立面図、見付図、面積表の自動作成・・・少しずつですが、使い勝手が良くなってきています。そもそも旧法のアーキトレンドの省エネ計算が最悪だっただけに、今の省エネ計算機能は既に天国です♪

また、日本エネルギーパス協会の「エネルギーパス計算プログラム」と連携できるようになったり、VirtualHouse.NETから、断熱材の仕様をダウンロードできるようになったり、と意外とありがたい機能を搭載してくれているようです。断熱材の設定は意外と面倒ですので、このようなサービスは大歓迎ですね!

ARCHITREND ZEROの外皮計算

とある方に聞くと、昔の温熱計算は〇〇だったそうです。よってみんな省エネ法の改正による、計算ツールの変更には期待していなかったそうです・・・。

私は旧ツールをほとんど使ったことがなかったので、そのようなイメージがなかったのですが・・・。

しかし最初に出たツールも悪くありませんでした。大幅に改良したそうです(先ほどのとある方より)。そしてZEROになり春になると、続々と改良してきました。

意外とざっくりと検討できる機能って、ARCHITRENDにはなかったのですが、外皮に関してはそれができます。その上でプラン確定後に計算書を作る作業時間も短くなるように工夫されています。

境界図(見付など)も一気に出力出来ます。未だどんな紙に出力するんだろう?と疑問に思うことはありますが(壁量計算などもでしたけど・・・)。できれば図枠に・・・(以下略)とか、上下の階のラインを・・・(以下略)とか、気になることもないわけじゃないけど、意外に便利です。

20150529102625

複雑なプランになってくると調整が難しいというのは昔も今も同じです。建物の単純化はコストダウンだけでなく、安全面でも重要です。そのような建物に向いているんでしょうね。ただ、あんまりにも簡単なので、省エネ法や省エネ計算を知らなくても出来たような気がしてしまうのが、一番怖いです。きちんと学習してから使わなければなりませんね。

20150529102648

ARCHITREND ZEROのボリューム計画図

BIMが騒がれているとうことは、ソフトウェア業界の事情があるということを忘れてはならない。AutoCADもそろそろネタ切れですし。ということは成熟してきたということでしょうね。

同じ事はARCHITRENDにもいえます。新シリーズが出たことにケチを付けるわけではないが、最早完成されたソフトであるという側面は否定できません。といいつつ、自動立ち上げという擬似3次元の限界があるので、今後は更に使いやすく・・・ということでしょうね。

ARCHITRENDの機能の中で便利で気に入っているのが、ボリューム計画図でしょうね。敷地を書いて、北と道路と境界線の条件を入れてしまえば、自動的に斜線やボリューム確認ができる優れものです。

20150529100647

配置図をCAD入力し北、道路、敷地条件、斜線などを入力

20150529100729

グラフィカルにボリュームを自動で出してくれます。もちろん回転して見ることが出来ます。

20150529100748

この時点で、簡単な断面図も作成できます。図面化して張り込めば簡単なチェック図になります。

このような切れ味の良いツールが付属しています。自動立ち上げばかりが注目されますが、このような切れ味の良いツールが満載されているのがARCHITRENDの強みと言えます。