HOUSE-ST1での深基礎設計

KIZUKURIを使った後に、HOUSE-ST1を使うと基礎が楽ですね。整形な建物だと無敵です!!しかしHOUSE-ST1にも弱点があって、複雑な形状の計算は難しいのです。

特に土圧を受ける深基礎などはお手上げです。もちろん荷重などは計算できるので楽には変わりがないのですが。少々の段差なら経験で・・・ですが、1m近くになってくくると通常の配筋で大丈夫か?不安になります。またそれが取り付くスラブも・・・です。

やはりここは構造計算で!!と思い周囲を見てみると・・・RCチャートとExcelの組み合わせが多いですね。なまあずは、RCチャート+カルキングでした。もちろん単純なので、Excelだけという方も多いです。最近はチャート1枚という手抜きは通らないご時世なので、ExcelやWordで説明を加えています。もちろんDocuWorksなどで追記ということも多いです。

なまあずステーションでダウンロードできる「もくツール」の時期バージョンには深基礎の設計を追加する予定です。基本部分はHOUSE-ST1で計算し、部分深基礎を追加計算書として添付するためのツールです。ちなみに構造システムのKT-SUBでは地下外壁の計算というズバリなツールがあるため、面倒な方はこれを使ってみるのがいいかもしれません。

 

二次部材へのデータ転送(ビルディング・エディタからRCチャートへ)

メジャーな一貫構造計算ソフトは知られていますので、ここではネットでもあまり話題にならないものを。

まずは、無料で使えるビルディング・エディタから有料の2次部材ソフトRCチャート8へ。

実はこの組み合わせができたとき、ビルディング・エディタで利益が出ないからチャートシリーズで・・・との空気を読まない外野がいましたが、良く考えれば、別にチャートシリーズじゃなくても2次部材は計算できますしそのように考えるのは邪道だと思いますね。実際はユーザーの利便を考えての仕様でしょう。

ただその転送方法はユニークで、ビルディングエディタの通常の画面上からはできず、最初に起動されるメニューからEditorToChartを起動して、スラブや小梁を指定します。指定はクリックするだけなので簡単です♪(画像はクリックで拡大できます)

EditorToChart

EditorToChart

ただし、そのままRCチャートが起動するわけでもなく、小梁とスラブは変換を分けなければならないし・・・と若干手間がかかります。これはチャートシリーズは個別のプログラムの集まりのようなので仕方がありません。

クリックするだけで部材指定できるので手軽♪

クリックするだけで部材指定できるので手軽♪

各種類はそれぞれ別に変換します。

各種類はそれぞれ別に変換します。

RCチャートを起動して、変換したXMLファイル(チャートのファイルではありません)を読み込めばめでたく計算できます。別に手打ちで入力してもそれほど手間はかからないかもしれませんが、やはり純正同士。安心感と手間の低減はメリットです。エラーが出た場合(上の画像)きちんと、警告してくれるのも親切です。

RCチャート8で小梁の計算がスムーズに。

RCチャート8で小梁の計算がスムーズに。