NHK杯 久保利明九段 対 藤井聡太七段

皮肉なことにタイトル失冠時の将棋から、久保九段のファンになりつつありました。浦和レッズのファンになったときと似た構図なのかと。今日は注目の藤井聡太七段との対局。この2人の対局は非常に見応えがあります。熱戦というか・・・。

さて、今日も期待を裏切らず、藤井七段先手番で始まりましたが、あっさり先日手で指し直し。両者も対戦が多くなるにつれて対策もできつつあるうえ、相性も含めた棋力が拮抗しているのか?指し直しでも大熱戦でした。

序盤は久保九段がうまく指しているように見えましたが、途中からどちらが優位なのかわからなくなり、終盤にかけて久保玉が危ないように見えました。初心者の私から見て、今日は藤井七段の勝利だと思ってしまいましたが、さすが久保九段は粘るだけでなく、勝機を見逃さなかったですね。最終盤の藤井七段のがっくりした姿は痛々しいです。まだ悔しさをバネにで良いと思うのですが、プロなのですから、指している最中はあまり表情にださないほうが良いのかな?と感じます。まあそれを含めても次世代スターであることには変わりなく強いです。

私は人と指す時間がほとんど取れず、級位も停滞気味です。なんとか指す時間を取って将棋道場などに行きたいですがしばらく無理そう。ネット将棋やぴよ将棋などで棋力ができるだけ落ちないようにしていますが、詰将棋はかなり停滞。ちょっと疲れ気味なのでしょうか??調子がいいときは連勝しまくるのに、連敗しだすと止まらない。基本的な何かが足りていないようです。今のところ棒銀と四間飛車がメインです。初段になるまでは、この二つをもっとうまく指せるように努力を続けるようと思います。

一時の将棋ブームがまだまだ続き人気が定着しそうな予感・・・

藤井聡太六段の活躍により、将棋界が活気づいています。やはりフレッシュな若者の活躍は新風を吹き込みますね。1年ちょっと前、カンニング問題に揺れ、会長が辞任したり大騒動だったとは思えません。大相撲のほうはまだまだ混乱が続いていますが、新たなヒーローが登場すれば大相撲も・・・と思えます。

さて、将棋ブームによって昨年は一時的に初心者用の将棋セットが売り切れになり某ネットショップで高騰しましたが、今は落ち着いています。小学校等で将棋をやることも多いようですし、若い女性が新たに将棋を始めようとする、といった現象も報道されています。

最初は藤井ブームのようでしたが、良いニュースが重なりましたね、将棋界。羽生善治氏の永世七冠の達成と国民栄誉賞、若手の棋士の台頭、ネットでの将棋放映の常態化、それに伴い他の棋士の個性などもわかるようになり、更に将棋は盛り上がりそうです。将棋の解説者は面白いし、聞き手の女流棋士も若手が台頭しこれから更に人気が出そうです。過去の将棋の名著のデジタル書籍化も進んできていますね。より将棋を見て楽しむ環境だけでなく、将棋をさす環境も整いつつあります。昔からの将棋道場は閉鎖してくるところもありますが、新たな道場も登場しています。またネットで将棋を指す環境、ネットで棋譜を見られる環境も整ってきていて、デジタルとは無縁だった昔とは大きく変化しています。

府中にも昨秋、子ども向けのいつつ将棋教室がオープン(神戸元町校についで二校目)しました。府中出身の女流棋士の中倉彰子先生のプロデュースしていることで話題になりました。いつつは将棋グッズにも力を入れており、今回のブームとは関係なく企画されたとはいえ、良いタイミングだなと感じます。

駄菓子屋なまあずやなまあずショップも小さな将棋盤は取り扱っていましたが、いささか流行に乗り遅れた感がありましたが、ようやく初心者用の将棋セットなどの取り扱いを開始したようです。店長等で実際に差してみたようですが、その魅力がわかってきたようです。将棋は駒の動かし方がわからない、という人も多いと思いますが、駒に動かし方が印字されたセットも販売されているので、最初はそのようなものを使うといいと思います。先ほど紹介した、いつつ将棋教室も限定ながらネットショップで、子どもや若い女性に向くお洒落な将棋盤駒セットを販売しています。数量限定とありますが、通常販売して欲しいところです。

将棋界は昨日も藤井六段が詰め将棋で四連覇したことが普通にニュースで流れていました。それだけ注目を浴びているということです。そして羽生永世7冠の100期目のタイトルがかかる名人戦も4月から開始するので見逃せません。乗り遅れないように差すことができない、将棋は難しい!と思っている方も是非挑戦してみてください。テレビで対局を見るのも楽しいですが、実際さしてみるとその魅力に気付くと思います。