短期めり込み低減ツール

KIZUKURI Ver7.6いいな~と思っている人がいると思います。特に短期めり込み。そこで個人的にツールを作ったのですが、KIZUKURI版は驚くほど簡単でした。今度7.6と数値が異なるか検証しますが、以外と楽なので、木造舎でバージョンアップしたばかりで、今回有償、という方はグレー本を見て研究してみるといいでしょう。私はそれでも有償バージョンアップするかな??

さて、面倒なのはHOUSE-ST1。集計がらみが貧弱で、独自書式が多いので何か他のソフトで計算結果を使うとか、そういう場合に面倒な事が多いです。初心者向けなので仕方がないのかもしれませんが。検定比を作るツール、検定比をせん断力に乗じて短期軸力を作るツール、めり込み検定するツール、と3種類必要ですね。ただシートリンクを使って連動させれば、入力項目は非常に少ないです。次期リリースのもくツールでは、以前公開した土台プレートなどの検討ツールと連動するものを公開する予定です。メーカーと木ツール、どちらが早いだろうか??

HOUSE-ST1では、計算書をJWWなどに転送できるので、うまくやれば外部変形でそういう処理も可能ですね。誰か作ってみてはいかがでしょうか??