これが進化した新たな楽楽モードだ!!

前回紹介時に、構造ソフトHPに10月末に・・・という言葉があったので見に行ってみた。10月31日の製品情報に確かに「BUILD.一貫Ⅴ」進化した新たな楽楽モードを更新、とありました。

とてつもない期待をしつつ、クリック(大げさ・・・)。

・・・・

地味な画面が続く(内容ではない)。

・・・

・・

BUILD.一貫のユーザーでないので、わからないのか??もう一度読み直してみる。

こういう馬鹿のために「一言で説明すると」と初めにありました。

「保有水平耐力計算を満足するレベルの精度の良い仮定断面を提示してくれる」

そうです。つまり仮定断面自動化!ということですね(早くわかれ!)

木造だと似た機能ってすでに搭載しているソフトもありますが、HOUSE-ST1のように算定してから断面を決定♪みたいなスタンスを取るものがほとんどです。

まあ出来たら便利だろうな~とこの業界入った頃は思っていました。

しかし今では自分である程度考えて構想してからのほうが頭が整理されていて設計しやすい、と思ってしまいます。

精度が高ければ使ってもいいかな、と思いますが、このページのQ2に構造設計者の技術力が低下しませんか?と自虐的な質問もあります。このあたりはさすが構造ソフトです。その回答に必ずしも納得はしませんが、一理あるな、と思います。

面白いな?と思ったのは、基本設計で楽楽モードを使い、実施設計は他の構造計算ソフトを用いることも可能、という点です。ST-Bridgeの実用性はともかく、確かにそうしたほうがいいな、と思うときはあります。フロントローディング的な構造計画ソフトと、構造計算ソフトは別なほうがいいという持論を持つ私からすると、そういった可能性に言及してくれたのは嬉しいです。

さて、肝心のリリースですが、詳しくはホームページをご覧ください!!!ちょっと先ですね。楽しみに待ちましょう。

 

 

 

進化した新しい楽楽モード

構造計算ソフトも使用者に優しいUIを搭載してくるようになり、古くから変化のないソフトは置いていかれる感じがします。ユーザーに下手に媚びることはないと思いますが、使いにくいと思われるソフトが売れる時代ではないですしね。

さて、構造計算ソフトの老舗構造システムでは以前より主力構造計算ソフトに楽楽モードという入力・設計アシスト機能を搭載(プレミアムモード契約者のみ)していましたが、更にパワーアップしたようです。10月末に詳しい内容を公開するようです。最近、勢いのある構造ソフトですが、丁寧な作り込みをしていくとお客もついてきますね。年会費も比較的安価で、多数ライセンスを持つ場合の割引にも対応しているので小規模事務所には非常にありがたいソフトウェア会社です。

 

 

株式会社構造ソフトの「今月のイチオシ」

今でも若干戸惑いのある、構造ソフト構造システム。どちらも構造計算ソフト会社の老舗であり、有名な一貫構造計算ソフトをもっているというところも同じ。名称も似ているので勘違いする人も多いと思いますが、まったく違う会社です。

その構造ソフトのホームページには「今月のイチオシ」というものが掲載されており、同社のソフトの便利な機能の紹介、Q&Aなどを抜粋したPDFマガジンなのです。

読む量も非常に適切で読みやすく、同社ユーザーには非常に良いサービスなのではないでしょうか?会員ページでは無く公開されているところも好印象です。8月号は同社一貫計算ソフトの機能アップ部分の紹介がメインでした。帳票や画面がふんだんに出ているのでわかりやすいですね。また適判等からの指導事例も1個ずつ掲載しています。正規のQ&Aはサポート会員登録しないと見れませんが、このように1つ1つであっても紹介していってくれる姿勢は、古くからユーザーが支持し続けていることに直結します。定価すらオープンにしない構造計算ソフト会社もあるわけで、その差は歴然です。

某掲示板での人気投票のようなものでも上位にある同社の一貫構造計算ソフト。その結果は話題になっていますし投票方式は公平とはほど遠いものですが、支持しているひとが多いのは頷けます。

BUILD.積算Ⅱ

構造ソフトの躯体数量算出積算プログラムがバージョンアップしてⅡとなり新発売となっております。同社の構造計算ソフトのBUILD.一貫、BUILD.壁式からデータをリンクし躯体数量を算出します。何気に壁式鉄筋コンクリート造に対応しているんですね。ちなみに安価なLingt版もあります。価格差は結構あるので、制限がある部位が必要かどうかで選択しましょう。

なんとなくですけど、この手のソフトはメンテナンスも大変でしょうから、クラウド運用・会員制にしたほうがいいかもしれませんね。もっとも現在は過渡期なのでソフトウェアで出すことは正解だと思うのですが、今後は・・・となんとなく思います。

BUILD.一貫Ⅴ新規導入キャンペーン

構造ソフトの一貫構造計算ソフトのBUILD.一貫Ⅴもキャンペーンしています。通常価格から30%OFFと思い切った価格なので、低層版・保有なしの場合、税込で378000円と40万円を切ってきます。キャンペーン期間も2017年3月31日までと比較的長いので構造計算ソフトを新規で導入することを考えている方にも検討時間も長いのでお勧めです。ちなみに構造システムのBUS-6のキャンペーンは12月末なので比較したい方はお早めに!!ちなみにBUSの低層版は保有ありですが、キャンペーンでも70万円を超えてきてしまいます・・・。まあBUILDも保有ありの低層版はキャンペーンでも50万円を超えてくるのですが、それでも価格差は結構あります。構造計算ソフトは価格だけで選ぶとエライ目にあうので(何が悪いとかではなく、入力の好みなどは結構わかれる。個人的に、SS1(数値入力)、ビルディング・エディタ、ACE許容は好きだが、ASCALは論外、SEINも厳しく、BUILDも・・・でもみんな好みが違うのでなんともいえない・・・)

個人的には低層・保有なし・RC限定・3層までで導入しやすい20万円を割ってくる価格の一貫構造計算ソフトがあるといいな~と思います。恐らく初心者では3層が限界ですし、そのレベルで訓練したい人も多いはずです。アップグレードシステムを用意しておけば、その低価格版から通常版で順にアップしていくという買い方もできると思います。

そういう柔軟さは、アークデータ研究所のASCALは非常に優れています。RCとS造はわかれていますし、保有もわかれています。一緒に買うと割引もききます。印刷マニュアルも別料金です。価格面は議論の余地があるのかもしれませんが、非常に理想的な構成だと思います。さすが後発だけのことはあります。

最近、独立を考えている人の相談にのっていますが、やっぱり金額面では厳しいですね。構造計算ソフト高いし、維持費もかかります。でもその後に非常に影響してくることでもありますし、価格も含めて慎重に検討したいものですね。

久々の大臣認定プログラム

昔は構造計算ソフトといえば、大臣認定が当たり前でした。しかしあの構造計算偽装事件で、その信頼性が揺らぎ、制度の大幅な見直しが行われました。そして「現実的ではない」制度がひかれ、逆に大臣認定がないもののほうが普通になりました。まあ一ソフトだけ、大臣認定がおりましたが、実際そのソフトも大臣認定で利用している人はほぼおらず、制度自体も形骸化していました。しかし近年、地道に活動している数社により、大臣認定がもうすぐおりそうな感じを受けるようになりました。

そして株式会社構造ソフトのBUILD.一貫Ⅴ[大臣認定版]が、2016年6月2日付で、大臣認定を取得したと、同社ホームページで発表になりました。RC造、S造両方取得となります。大臣認定版は、通常版から大臣認定に関する部分のみを切り離した位置づけのプログラムで、まだ運用体制に関する課題が残っているため、リリースの日程などは未定のようです。

他に認定取得に積極的でホームページなどにその経過を掲載しているのが株式会社アークデータ研究所。構造計算ソフトでいえば新しい会社ですが、あの方(☆)と同じ会社にいた方なので、ある意味張り合っているのかもしれません。

構造システムもABUS-5として2015年5月19日に大臣認定申請を受理されていますので、こちらも期待が持てます。

一部メーカーは大臣認定をあきらめたりしています。現状ではとっても足かせになるのは目に見えていますが、大臣認定をもう一度見直すチャンスになるかもしれないので、あきらめずに取り組んでほしいところです。

 

BUILD.一貫Ⅴ Ver2

構造ソフトの一貫構造計算ソフトBUILD.一貫ⅤのVer2が大幅に機能拡張して8月リリースとなります。

スロープ形状、スキップフロア対応、傾斜柱の節点同一化など魅力的だが、どこかで聞いたことあるような・・・

更に聞いたことあるような、計算スピードのアップ!!!!

完成度が高まった!ということで。

他にもいっぱい魅力的な機能が搭載され、先行してバージョンアップをした他社に追従しています。

詳しくは構造ソフトのホームページをご覧くださいませ。