木造構造計算の講習3つ

住木センター(公益財団法人日本住宅・木材技術センター)の講習会がホームページに発表されています。

演習で実戦的に学ぶ「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
「木造ラーメンの評価方法・構造設計セミナー」
全面改定版「木造校舎の構造設計標準(JIS A 3301)」セミナー

HOUSE-ST1 Ver7のトラスや耐力壁はJIS A 3301に準拠していますので使いたい方は是非。木造ラーメンは、過去に受講したことがありますが、結構癖があって(・・・)勉強になります。新グレー本(2017)は・・・1日で、演習までやってしまうって結構大変だと思いますが、実務についている人で2日はかなり厳しいですからこれでいいと思います。

そういえば、新グレー本2017のQ&Aが8月31日に住木センターのHPに掲載されています。まだ見ていない人は是非。

HOUSE-ST1 Ver7.5

HOUSE-ST1も新グレー本2017(木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版))に対応するバージョン(Ver7.5)を10月に発売いたします。現状発表されている他社の改訂内容よりはしっかりしていますね。その分対応が後手に回り発売日は遅れますが・・・。

Ver7が発売されたばかりということもあり、最新版のVer7をお持ちの方は無償バージョンアップとなります。Ver6以前の方は有償バージョンアップとなります。そろそろ確認申請の対応も含め難しくなってきていますので、これを機に最新版にupすることをお勧めします。

良い点は、木3等軸力が厳しいもので短期めり込みの計算を行った際の土台プレートなどの数が激減します。短期めり込みの検討自体はVer6でも問題無く行えますが、やはり無駄なものはできるだけ使いたくないものです。

不評だった耐風梁の計算も改善されてきています。水平構面の構造計算を省略できる条件の検定式の変更にも対応しています。

なんとなくですが、WOOD-STの発売日と似たような時期になると思われます。新規の方は迷いますね。やはり計画性がないのか?それともこの時期を狙ったのは何か理由があるのか?気になりますが、WOOD-STの詳細がわかってからでないとなんともいえません・・・。

kizukuri Ver7.6

発売されたようですね。知人の情報だと、実質的にその他の積載荷重が大幅に増えて画面バランスが崩れた(・・・)ということが大きいそうです。冗談はともかくその他が14まで増えたのでかなり詳細な荷重調整が可能になったようです。金物工法の梁受け金物の算定計算も地味に便利そうです。

注目の短期めり込みの低減は、新グレー本2017に新たに記載された方法で検討しています。その設定がデフォルトのようで、応力図に風圧時と地震時のめり込みが表示され(β値を乗じた値)短期めり込みが計算されるようです。その効果は大きく、この方法が今後主流になっていくと思われます。

他にCEDXM機能は、kizukuriの仕様から期待できないだろうな~と思っていたら、やはり補助機能に近い実装となっているようです。意外と使えるかもしれません。

DH土台あんしんプレート

木造構造計算も新しいグレー本2017対応の話しがチラリホラリ。関東では短期土台めり込みの検討が必須じゃない審査機関が多かったこともあり、主に土台めり込みの話しになりますね。

さて、昨年発売された土台プレートで、ダイドーハントのDH土台あんしんプレートが最近話題になります。

厚さなどはタナカの土台プレートⅡと同じですが、やや幅が広く、アンカーボルト施工用の穴が空いているのが特徴です。ちょっと大きな穴だな~と思いますが、アンカーボルトの位置が若干ずれても大丈夫ですし、同社の10kN仕口金物のDHクランクコーナー10大地を取り付け可能、枠材も施工可能など、よく考えられています。アンカー用の穴が偏心していて、裏表使い分けると更に広い範囲をカバーできるのもいいですね。105角用と120角用が発売され、それぞれ許容めり込み耐力も細かく示してくれているので安心感があります。

もっともこの手のプレートに頼ることなく安全な建物を設計することが必要だと思うのですが。そして国も矛盾点解消はいいですが、本当に中通りでそんなにめり込みで建物が壊れるものなのか?こんな金物を入れたものとそうでないもの、どっちがいいのか??など検証して欲しいところです。といっても最近の木造は固すぎて確かに基礎も土台も本当に大丈夫なのか?疑問には思いますね。

新グレー本には間柱の方法も掲載されています。筋かいなど干渉がなければそっちの方がいいかな~と感じます。