HOUSE-省エネの解説をしていて

昨日、建築ピボットEXPO2017で、HOUSE-省エネについて話してきました。そんな偉そうな話ではなく、ユーザー事例としてこんな使い方もあるんだよ、ということを伝えるだけですが、旨く伝わったかどうか?

そのとき、私は致命的なミスをしていて、マウスを持ってきていませんでした(汗)。別に借りられるのですが、まあいいや、と思って解説していました(皆さんごめんなさい~)。そーいえば、サイボウズのときもそん感じだった気がする(大汗)。

私のLavie Zは古いながらタッチパネルを搭載しているので、画面の拡大などは困りませんね。今回はHOUSE-省エネで短時間で検討、というテーマだったのでマウスなんか必要ありません。タッチパッドで簡単に入力もできました。JWWなんかの拡大縮小は困るんじゃない(両ボタンドラッグ)と思うかもしれませんが、実はJWWも拡大縮小はタッチパネルに対応しています。前のほうで見ていた人はわかったんじゃないかな(汗)。

JWWのようなCADはともかく、HOUSE-省エネのようなソフトは、タッチ操作と相性はよく、実はタブレットでも操作できるじゃないかな~と途中から感じていました。入力も数字がほとんどですしね。これはHOUSE-DOCなどでも感じたことです。意外とiPadなどのタブレットでこういうソフトがあったらいいんじゃないかな~と思います。そこまで行かなくてもWindowsタブレットでキーボードを繋がずに検討やプレゼンが簡潔するなら、それはそれで素晴らしいな、と思います。実際某方法でiPad ProでHOUSE-DOCを動かしたことがありましたが、ある程度使えて面白かったし、屋外での利用に希望を持たせる結果でした(もちろんタブレット用じゃないので、今のママだと実戦は難しいですが)。

今回は、主力のLet’s noteが前日に故障したり、データが飛んだりとプレゼン前が散々だったです。Lavie ZにHOUSE-省エネ入れておいて良かった!と感じましたね。

ちなみにHOUSE-省エネは屋外で使うとき、ネット接続必須です。私もテザリングしていました。ネット認証はパソコンで認証したままにしているので大丈夫ですが、計算時にWEBに接続するので、計算する場合はネット接続は必須です。昨日デモ中に接続しましたが、意外と?短時間だったので、やりとりしているデータ量は少ないのかもしれません。というより通常時の遅さになれているので、ネット回線の問題ではなくあっちのサーバーの問題なのかな~と感じた次第です。

HOUSE-省エネではそのレベルですが、大量に部屋データーを送らなければならないSAVE-住宅では致命傷で、3階建ての比較的小規模なアパートでも計算書作成に数十分かかりました。サーバーの混雑具合によって時間は変わるらしいですが、国も止めてほしいですよねこの方法。耐震偽装事件のときに、メインのコンピュータだけで計算させれば、という非現実な話がでてきましたが、それを実現するとひどい結果になるものだ、と改めて感じています。計算経過もブラックボックスですし、よく仕様が変わるし・・・。省エネで死ぬことはないのかもしれませんが、不信感を持たれるのは良くないことです。今後計算する人も増えてくると思いますのでちょっと改善して欲しいな~と思います。