佐渡の観光名所といえば・・・佐渡金山

矢島経島(佐渡島)

何十回も佐渡に行っている私への質問といえば、

「佐渡の名所教えて」

見たいの多いです。ただ親族の住む島で、そもそも佐渡に何でそんなに居たかといえば

「親が仕事で忙しくて、子どもを佐渡に預けた方が喜ぶし楽!!」

という事情がありました。長いときは数週間滞在しましたからね。両親の田舎とはいえ母方の実家にいることが大変でかなり迷惑をかけたと思います。夏ですから観光するより海で遊んでいたほうがいい!ということもあり、飽きずに姉と私はそのほとんどを海で過ごしました。幸い海の家は叔母がやっていたので、その点でも安心でした。

佐渡の砂浜

何しろ両親とも忙しく、私は5才にして、新幹線もない時代に夜行列車とカーフェリーを乗り継いで佐渡に行ったほどです。姉がいたとはいえ方向音痴で乗り物も知らない姉はまったく当てにできず・・・今では良い思い出です。両親佐渡で揃うのは希で、我々だけ!というのはさすがに少なかったとはいえ、運転できない母がいても観光地を回るのは不可能でした。

カーフェリー「ときわ丸」きれいな船内と適度な時間の船旅も大きな魅力

というわけで、オトナになって自動車の免許を持ってから佐渡中を回るようになりました。幸い道路が良くなっていたし、カーナビがなくても地名はある程度頭に入っているので運転は簡単でした。あれから20年余り・・・。佐渡もいろいろ変わりましたが基本美味しい料理ときれいな景色が見所なのは変わりません。ということで、あまり大したことは書けないのですが、備忘録代わりに書いてみます(前書き長い・・・)

佐渡金山「道遊の割戸」

個人的に一番の名所は、佐渡金山周辺の相川でしょう。佐渡金山は昔に行った方は「面白くない」「暗い」という方も多いし、佐渡在住者も意外と現状を知らなかったりします。が、しかし!!どんどんリニューアルしてキレイで見やすく、規模も巨大化しています。観光コースも複数あります。また車椅子でも見学可能なコースもあったりと充実しているのです。

「北沢浮遊選鉱場跡」ラピュタとかマチュピチュとか言われる最近話題のスポット

相川には佐渡金山の周りに観光地が揃っているのもポイントです。最近人気の北沢浮遊選鉱場跡は、想像以上にスケール感が大きな金山施設の跡で、映画なんかにも出てきそうな遺跡感満点です。他にも佐渡奉行所や旧税務署など文化財も揃っています。ちょっと離れていますが、平成狸合戦ぽんぽこで話題になった団三郎狸で有名な「二ツ岩大明神」なども行けます。細かい見所も多く1日かけてじっくり見たい大人の観光名所です。

「二ツ岩大明神」険しい山の上にあり、自動車でも登るのが結構大変です。最近壊れかけているので十分注意を

 

ジェットフォイル通常運行へ あと ウサギ観音

(4月20日追記)この記事で紹介したウサギ観音のTシャツを4月22日より、なまあずショップ楽天市場店で販売することになりました。詳しくはこちら。

佐渡島と本土を結ぶ高速船ジェットフォイルの事故で一隻長期離脱しているのですが、ようやく今日より通常運行に戻るようです。早朝の新潟発がなくなったのは残念(まあ仕方なく運用していたわけですが)ようやく本来の姿に戻ったのは良いことです。島外の人間が言うことではないのかもしれませんが、もう少し始発を早く、終発を遅くしたほうがいいのでは?と思います。

さて、観光に良い季節になりました。それは佐渡も同様です。今年は10連休もあり、佐渡島のようなところをゆっくり回るには適しています。まあすでに旅館はいっぱいなのかもしれませんが(汗)。帰省ついでに・・・もありだと思います。

さて、その佐渡で話題の観光名所といえば・・・金山!!といいたいところですが、今話題といえば

「ウサギ観音」(ウサギ観音のある長谷寺のHPはこちら)

でしょう。

昨年、長谷寺(ちょうこくじ、と読む)の住職が、高さ6mにもなる大きなウサギ観音を建立しました。長谷寺の草取りウサギにちなんだ、と言われていますが、低迷する佐渡観光の1つの目玉として建立したそうで、その個性的な外観がネット等で話題になりました。もっとも私の親族でこのことを知っている人はほとんどいなく、佐渡では思ったほど話題にならなかったのかもしれません。正直もったいないです。ただ、長谷寺を訪れる人は増えたそうで、一定の効果はあったと思います。ただこれで終わると今までの佐渡と変わらない。やはりここから発展させていかないと!ということで、3月にはご朱印のお授けが始まりました。また同時期に、ウサギ観音Tシャツも発売されました。これから徐々に地域を挙げて盛り上げていこう♪ということでしょうね。楽しみです。私も遠くから応援していこうと思っております。

ウサギ観音Tシャツを、なまあずショップ楽天市場店で入荷しました。4月22日より発売いたします。詳しくはこちら

佐渡汽船、寺泊ー赤泊航路撤退で住民説明会

佐渡に行ってきました。昨年の10月以来ですが、夏の佐渡はやっぱりいいものです。しかしこの島にも様々な問題があるようです。
先月、佐渡汽船が佐渡と新潟を結ぶ3航路のうち、真ん中の寺泊-赤泊航路の撤退方針を発表し、県と佐渡市、長岡市に説明しました。

現在のこの航路の問題は、そもそも一回も黒字化していないうえ、経費節減のため2005年にカーフェリーから高速船あいびすに切り替えたことです。
そのこと自体悪いことではないのですが、そもそも荒海の日本海を渡るには役不足で、多少の改造を施したものの、荒天での欠航率が高すぎて地元の足としても、観光としても使いにくいのが現状です。そのため更に乗客数減少しています。私が赤泊港にいったときも乗客は少なめでしたね・・・。

この航路は新潟側、佐渡側とも交通の便が不便であることが問題視されています。佐渡側はさしたる観光名所もない赤泊で、しかも観光地や他の街にも遠く、バスの便も不便・・・です。寺泊側もJRの駅からも遠いうえ、その駅も大きな駅で無いため電車で行くのも難しいです。幸い北陸道からのアクセスは悪くないのですが、その時間プラスアルファで新潟港につけてしまうので、時間的なメリットは少ないのです。

しかしメリットも多いです。寺泊自体が観光名所です。そもそも大都市で観光という感じではない新潟港や、春日山城などの名所もあるものの観光地というイメージが少ない直江津に比べれば、はるかに楽しめます。温泉・宿もありますし、何よりも魚の市場通りは新鮮な魚を購入できるだけでなく、味わえることから根強い人気もあります。もちろん弥彦山や弥彦神社という名所もそれほど遠くはありません。

何よりのメリットは高速船が稼働すれば、約1時間で佐渡に到着すること!!これは新潟のジェットフォイルとほぼ同じです。もちろんジェットフォイルのほうが速いのですが、寺泊-赤泊のほうが遙かに距離が近く、3ルート中最短ということもあります。距離が短いので乗船料も安いです。往復でもジェットフォイル片道と変わらないコストパフォーマンスです。日帰りも可能です。

船の欠航は天候なので仕方がないのですが、この航路の欠航数は尋常じゃないです。少し不便でも新潟周りで行こうと思ってしまう地元の人も多いと思います。現代の人は揺れにも本当に弱いので、この航路は揺れが少なく欠航が少ない船を導入していかないと、どうにもならないのでは?と感じます。

そもそも日本海は揺れるの当たりまえですし、観光客自体の大幅増や、地元の人たちが本当に船を使って行き来が増える見込みも少ないわけですから、対策は本当に難しいのだと思います。それでも佐渡を愛するものとして、この航路を存続して欲しいと切に願っています。

北沢浮遊選鉱場跡

佐渡は名所がたくさんありますが、最近の話題は北沢浮遊選鉱場跡です。佐渡金山の関連施設でコンクリート部分のみが残っています。全天空カメラで撮影すると四周に迫力ある遺跡のように存在していることがわかります。戦前の建設でありながら昭和27年にも閉鎖されているうえ、非常に神秘的な景観から廃墟や遺跡のようにみえ、近年再注目されています。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

お休みが取れたので10月29、30日で佐渡島に行ってきました。いつもと異なり若干観光時間も取れたので、話題の北沢浮遊選鉱場跡に行ってきました。佐渡金山の関連施設で、遺跡マニアや廃墟マニアの間で話題になっています。昨年の世界遺産へ・・・のときにもクローズアップされ、最近はテレビでの露出も増えてご存じの方もいるかもしれません。

p1060878-small

北沢浮遊選鉱場跡

広い佐渡島でも北のほうの相川地区に位置し、金山からそれほど離れていません。関連施設ですからね。ただ巨大な施設なので上記の全天空カメラで撮影した写真で見てもわかるとおり、非常に広く迫力があり、日本離れしています。そのためラピュタやら、マチュピチュやら、いろいろ喩えられています。あくまで戦前の工場なのですが上屋が取り払われていてコンクリート部分だけが残り、蔦が絡まっているため、古代文明などのように見えてしまいます。

直径50mのシックナー

 

火力発電所

佐渡金山自体も非常に魅力的な観光スポットでしたが、近年更に整備されて見学しやすくなりました。オリジナル商品も増えていますし。そして周辺にもこの北沢浮遊選鉱場跡のような魅力的なスポットも数多く点在していて一日いても飽きません。佐渡って遠いな~と思っている方も是非是非見に行ってみてください!!